HOMEサンプル問題・例題解説102試験の例題と解説105.2 簡単なスクリプトをカスタマイズまたは作成する

102試験の例題と解説

105.2簡単なスクリプトをカスタマイズまたは作成する

今回は、102試験の出題範囲から「105.2 簡単なスクリプトをカスタマイズまたは作成する」についての例題を解いてみます。

■例題
シェル環境で実行可能な関数を作成するのに適切なコマンドを選びなさい。

1. func
2. function
3. sub
4. def

※この例題は実際のLinuC試験とは異なります。

解答と解説

答えは 2. function です。

シェルは一連の操作を関数として定義しておくことで、コマンドのように実行することができます。

関数の定義例は以下の通りです。

$ function lpic () {
> echo $1 ※←最初の引数をechoする
> }

実行するには、通常のコマンドと同様に関数名をシェルに入力します。

$ lpic test
test

よく使用する処理があれば、あらかじめ関数定義をログインスクリプトなどに記述しておくことで、繰り返し利用可能になります。

3. subはPerlのユーザ定義関数の場合です。
4. defはPythonのユーザ定義関数の場合です。

我々が使用しているシェルも、簡単ではありますが他の言語と同様のプログラム的な要素を持っているのですね。
サーバ管理の上でシェルプログラミングの知識は欠かせないので、色々なシェルスクリプトを読んでみるとよいでしょう。
たとえば/etc/init.dディレクトリは、参考になるサンプルの宝庫です。

  • 今回の解説について、理解できないポイントがあればどんどん質問を。
  • 採用になった方にはLPI-Japanオリジナルの記念品を贈呈します。
  • ご質問・ご意見はこちら
  • ※上記の解説とその内容については、例題作成者の監修です。
    内容や試験問題に関わるお問い合わせにつきましては、LPI-Japan事務局ではお応えできませんのでご了解ください。

このページのトップへ