HOMEサンプル問題・例題解説102試験の例題と解説107.1 ユーザアカウント、グループアカウント、および関連するシステムファイルを管理する

102試験の例題と解説

107.1ユーザアカウント、グループアカウント、および関連するシステムファイルを管理する

今回は、102試験の出題範囲から「107.1 ユーザアカウント、グループアカウント、および関連するシステムファイルを管理する」についての例題を解いてみます。

■例題
OBJECTIVE: 2.11.1 TYPE: fitb 
As root, what command would you type to initiate a password change for user larry?

■例題の翻訳
rootとして、ユーザーlarryのパスワードを変更するにはどのようにコマンドを入力すればよいですか?
※この例題は実際のLinuC試験とは異なります。

解答と解説

答えは passwd larry となります。

passwdコマンドはユーザーのパスワードを変更するコマンドですが、引数に何もつけずに実行すると実行したユーザー自身のパスワードを変更します。
管理者ユーザーであるrootだけが、引数に他のユーザー名を指定して、他のユーザーのパスワードを変更することができます。
通常、useraddコマンドでユーザーを作成し、passwdコマンドでパスワードを設定するというのがユーザー作成の一連の流れとなります。
passwdコマンドで入力されたパスワードは、/etc/shadowファイルに記録されます。ユーザー情報は/etc/passwdファイルに記録されますが、パスワードはシャドウパスワードとして/etc/shadowファイルに記録されることはしっかりと覚えておきたいポイントです。
他に、ユーザー情報を変更するusermodコマンド、ユーザーを削除するuserdelコマンドなども合わせて覚えておきましょう。
  • 今回の解説について、理解できないポイントがあればどんどん質問を。
  • 採用になった方にはLPI-Japanオリジナルの記念品を贈呈します。
  • ご質問・ご意見はこちら
  • ※上記の解説とその内容については、例題作成者の監修です。
    内容や試験問題に関わるお問い合わせにつきましては、LPI-Japan事務局ではお応えできませんのでご了解ください。

このページのトップへ