HOMEサンプル問題・例題解説102試験の例題と解説108.3 メール転送エージェント(MTA)の基本

102試験の例題と解説

108.3 メール転送エージェント(MTA)の基本

今回は102試験の試験範囲から「108.3 メール転送エージェント(MTA)の基本」についての例題を解いてみます。

■例題
.forwardファイルの説明として間違っているものを選びなさい。

1. ユーザーのホームディレクトリに作成する
2. メールを受信すると自動的に返信を行う
3. メールを受信すると記述されたメールアドレスにメールを転送する
4. 設定することで受信したメールを残しておくこともできる

※この例題は実際のLinuC試験とは異なります。

解答と解説

答えは 2. メールを受信すると自動的に返信を行う です。

.forwardファイルをユーザーのホームディレクトリに作成しておくと、そのユーザー宛の受信メールを.forwardファイルに記述されたアドレスに転送します。

通常の転送では、受信したメールを残さず転送するだけですが、もしメールを残しつつ転送も行いたい場合には、以下のように.forwardファイルを記述します。

○メールを残す.forward記述例
\user,user@example.com

上記記述例では、user宛のメールは残しつつ、user@example.comへの転送を行います。

\を記述しないと、user宛のメールをuser宛に転送しようとします。転送されてきたメールをさらにuser宛に転送しようとするので、転送がループ状態になります。ループ発生を検知すると転送は停止しますが、user宛のメールが届く度にループが発生するとホストに負荷がかかることになります。

.forwardファイルの作成は各ユーザーが行うことになるため、もしこのような負荷が許容されない場合には、MTAの設定でホスト全体として.forwardによるメール転送を禁止し、メール転送が必要な場合には管理者がエイリアスを作成するようにすると良いでしょう。

  • 今回の解説について、理解できないポイントがあればどんどん質問を。
  • 採用になった方にはLPI-Japanオリジナルの記念品を贈呈します。
  • ご質問・ご意見はこちら
  • ※上記の解説とその内容については、例題作成者の監修です。
    内容や試験問題に関わるお問い合わせにつきましては、LPI-Japan事務局ではお応えできませんのでご了解ください。

このページのトップへ