HOMEサンプル問題・例題解説102試験の例題と解説108.1 システム時刻を維持する

102試験の例題と解説

108.1システム時刻を維持する

今回は102試験の試験範囲から「108.1 システム時刻を維持する」についての例題を解いてみます。

例題
hwclockコマンドの説明として間違っているものを選びなさい。

1. ハードウェアクロックの時刻を表示する
2. システムクロックの時刻を表示する
3. --hctosysオプションでハードウェアクロックをシステムクロックに反映
4. --systohcオプションでシステムクロックをハードウェアクロックに反映

※この例題は実際のLinuC試験とは異なります。

解答と解説

答えは 2. システムクロックの時刻を表示する です。

Linuxでは、システムが動作しているハードウェアの持つ時計と、OSがシステム上で動作させている時計の2つがあります。前者をハードウェアクロック、後者をシステムクロックと呼びます。

Linuxでは、システム停止中はハードウェアクロックのみ動作しており、システム起動時にハードウェアクロックの時刻をシステムクロックに反映させます。システム動作中はシステムクロックが参照されます。時刻はずれる場合もあるので、適宜NTPサーバーを利用するなどして時刻を合わせる必要があるでしょう。システムのシャットダウン時には、システムクロックの時刻をハードウェアクロックに反映させます。

時刻は、ログ記録やファイルのタイムスタンプなど重要な動作に影響を及ぼすので、できるだけ正確な時間を利用できるようにしておく必要があります。

  • 今回の解説について、理解できないポイントがあればどんどん質問を。
  • 採用になった方にはLPI-Japanオリジナルの記念品を贈呈します。
  • ご質問・ご意見はこちら
  • ※上記の解説とその内容については、例題作成者の監修です。
    内容や試験問題に関わるお問い合わせにつきましては、LPI-Japan事務局ではお応えできませんのでご了解ください。

このページのトップへ