HOMEサンプル問題・例題解説102試験の例題と解説106.1 X11のインストールと設定

102試験の例題と解説

106.1 X11のインストールと設定

今回は102試験の試験範囲から「106.1 X11のインストールと設定」についての例題を解いてみます。

■例題
DISPLAY環境変数の説明として正しいものを選びなさい。

1. Xサーバーの色数と解像度を指定する
2. XサーバーのサポートするXプロトコルのバージョンを指定する
3. Xサーバーの使用しているポート番号を指定する
4. Xサーバーのホストとディスプレイを指定する

※この例題は実際のLinuC試験とは異なります。

解答と解説

答えは 4. Xサーバーのホストとディスプレイを指定する です。

X Window Systemは、画面表示などを受け持つXサーバーと、各種対応アプリケーションであるXクライアントの間をXプロトコルで接続してGUIを実現する仕組みとなっています。Xクライアントが接続するXサーバーを指定するのがDISPLAY環境変数です。

○DISPLAY環境変数の書式
DISPLAY=Xサーバーホスト:ディスプレイ番号.スクリーン番号

DISPLAY環境変数が以下のように設定されていると、ローカルでの表示となります。

DISPLAY=:0.0

Xプロトコルはネットワーク経由で送受信することができるので、Xサーバーホストを別のホストとして指定し、Xサーバーホスト側ではxhostコマンドでXプロトコルを受け付けるようにすると、画面表示とアプリケーションの実行を別々にすることができます。たとえば、リモートホストにSSHで接続し、Xプロトコルを転送することで、画面表示等の操作だけ手元で行い、実際のアプリケーションはリモートホストで動作している、という形のシステムも構築できます。

X Windows Systemは苦手という方が多いようです。複数台のマシンを用意したXの利用など、実際に手を動かしてみて理解を深めると良いでしょう。

  • 今回の解説について、理解できないポイントがあればどんどん質問を。
  • 採用になった方にはLPI-Japanオリジナルの記念品を贈呈します。
  • ご質問・ご意見はこちら
  • ※上記の解説とその内容については、例題作成者の監修です。
    内容や試験問題に関わるお問い合わせにつきましては、LPI-Japan事務局ではお応えできませんのでご了解ください。

このページのトップへ