HOMEサンプル問題・例題解説102試験の例題と解説105.1 シェル環境のカスタマイズと使用

102試験の例題と解説

105.1 シェル環境のカスタマイズと使用

今回は102試験の試験範囲から「105.1 シェル環境のカスタマイズと使用」についての例題を解いてみます。

■例題
新しく作成されたユーザーのホームディレクトリに配置される各種ファイルが格納されているディレクトリを選びなさい。

1. /etc/default
2. /etc/userinit
3. /etc/skel
4. /etc/skelton

※この例題は実際のLinuC試験とは異なります。

解答と解説

答えは 3. /etc/skel です。

新たにユーザーを作成すると、/etc/skelに格納されているファイルがユーザーのホームディレクトリにコピーされます。もし、ユーザー共通に設定したい環境変数などがある場合には、/etc/skelの中のファイルを修正しておきます。

/etc/skelの中身は、たとえば以下のようになっています。

○/etc/skelの例
# ls -a /etc/skel
.  ..  .bash_logout  .bash_profile  .bashrc  .canna  .emacs

これらのファイル以外も新たに作成しておけば、ユーザー作成時にコピーされます。


○ユーザー作成の例
# useradd lpic
# ls -a /home/lpic
.  ..  .bash_logout  .bash_profile  .bashrc  .canna  .emacs


このように、新しいユーザーのホームディレクトリにファイルがコピーされているのが分かります。

  • 今回の解説について、理解できないポイントがあればどんどん質問を。
  • 採用になった方にはLPI-Japanオリジナルの記念品を贈呈します。
  • ご質問・ご意見はこちら
  • ※上記の解説とその内容については、例題作成者の監修です。
    内容や試験問題に関わるお問い合わせにつきましては、LPI-Japan事務局ではお応えできませんのでご了解ください。

このページのトップへ