HOMEサンプル問題・例題解説102試験の例題と解説109.4 クライアント側のDNS設定

102試験の例題と解説

109.4クライアント側のDNS設定

今回は102試験の試験範囲から「109.4 クライアント側のDNS設定」についての例題を解いてみます。

■例題
/etc/resolv.confの記述として正しいものを選びなさい。

1. dns 192.168.0.1
2. domain 192.168.0.1
3. nameserver 192.168.0.1
4. resolver 192.168.0.1

※この例題は実際のLPIC試験とは異なります。

解答と解説

答えは 3. nameserver 192.168.0.1 です。

LinuxでDNSの参照を設定するのは/etc/resolv.confですが、その中には参照するDNSサーバーの記述、参照するホスト名のドメイン名が省略された場合に補完するデフォルトドメイン名の記述などが行えます。

○/etc/resolv.confの記述例
$ cat /etc/resolv.conf
search lpi.or.jp
nameserver 192.168.0.1

この例では、たとえば名前解決を行いたいホスト名がwww.lpi.or.jpではなくwwwとだけ入力された場合、自動的に後ろにlpi.or.jpを補完して、DNSサーバーのIPアドレス192.168.0.1に対して名前解決を行います。

○名前解決の実行例
$ nslookup www
Server:        192.168.0.1
Address:    192.168.0.1#53

Name:    www.lpi.or.jp
Address: 202.218.212.222

このドメイン名補完は、digコマンドではうまく動作しないので注意をして下さい。

DNSの設定は環境によって異なるので、ネットワーク環境の変更などがあった場合には、必ず/etc/resolv.confの設定も見直しましょう。

  • 今回の解説について、理解できないポイントがあればどんどん質問を。
  • 採用になった方にはLPI-Japanオリジナルの記念品を贈呈します。
  • ご質問・ご意見はこちら
  • ※上記の解説とその内容については、例題作成者の監修です。
    内容や試験問題に関わるお問い合わせにつきましては、LPI-Japan事務局ではお応えできませんのでご了解ください。

このページのトップへ