HOMEサンプル問題・例題解説101試験の例題と解説101.3 ランレベルの変更とシステムのシャットダウンまたはリブート

101試験の例題と解説

101.3ランレベルの変更とシステムのシャットダウンまたはリブート

今回は、101試験の出題範囲から「101.3 ランレベルの変更とシステムのシャットダウンまたはリブート」についての例題を解いてみます。

■例題
システムを5分後にシャットダウンし、再起動を行いたい。適切なコマンドを選びなさい。

1. init +5
2. init 0 +5
3. init 6 +5
4. shutdown -h +5
5. shutdown -r +5


※この例題は実際のLinuC試験とは異なります。

解答と解説

答えは 5. shutdown -r +5 です。

shutdownコマンドは、オプションで動作を、さらに時刻指定をすることでシャットダウン作業を行うタイミングを指定することができます。

システムの停止を行う場合には-hオプション(halt)、システムの再起動を行うには-rオプション(reboot)を指定します。

実行タイミングの指定は、「+分数」で実行するまでの時間を指定できます。
よく使用する「now」の指定は、「+0」を指定したのと同じことになります。
また、hh:mmの書式で時刻を指定することもできます。

shutdownコマンドは、実際にはinitに対してランレベルの変更を指示することで停止(ランレベル0)や再起動(ランレベル6)を行っています。
init自体には遅延実行の機能は備わっていないので、このような作業が必要になります。

  • 今回の解説について、理解できないポイントがあればどんどん質問を。
  • 採用になった方にはLPI-Japanオリジナルの記念品を贈呈します。
  • ご質問・ご意見はこちら
  • ※上記の解説とその内容については、例題作成者の監修です。
    内容や試験問題に関わるお問い合わせにつきましては、LPI-Japan事務局ではお応えできませんのでご了解ください。

このページのトップへ