HOMEサンプル問題・例題解説101試験の例題と解説104.6 ハードリンクとシンボリックリンクを作成・変更する

101試験の例題と解説

104.6ハードリンクとシンボリックリンクを作成・変更する

今回は101試験の試験範囲から「104.6 ハードリンクとシンボリックリンクを作成・変更する」についての例題を解いてみます。

■例題
ハードリンクの説明として間違っているものを選びなさい。

1. ハードリンクは異なるパーティションには作成できない
2. ハードリンクは同じiノード番号を持つ
3. ハードリンクのリンク先は相対パスで示される
4. ハードリンクを削除しても他のハードリンクが残っていればファイルは削除されない

※この例題は実際のLinuC試験とは異なります。

解答と解説

答えは 3. ハードリンクのリンク先は相対パスで示される です。

ハードリンクは、同一のiノード番号を持つファイルとして実現されています。このようにすることで、別々のファイル名でもファイルの実体は同じ、というハードリンクになります。
シンボリックリンクは、実体を共有せず、実体に対するパス名で表される点で対照的です。

iノード番号はパーティション毎、ファイルシステム毎に作成されるので、同じiノード番号を持つためには同じパーティション内にファイルが無ければなりません。異なるパーティションへのリンクにはシンボリックリンクを使用します。

ハードリンクは実体は1つですが、リンク自体は複数作成できます。リンクを削除しても、最後の1つが削除されるまでは実体ファイルは残ったままです。いくつのリンクがあるかはlsコマンドに-lオプションを付けると表示されます。

○ハードリンクの例
$ ls -il | sort
131128 -rwxr-xr-x 3 root root   62872  1月 21  2010 gunzip
131128 -rwxr-xr-x 3 root root   62872  1月 21  2010 gzip
131128 -rwxr-xr-x 3 root root   62872  1月 21  2010 zcat

これら3つのファイルはそれぞれハードリンクとなっている。3つがリンクになっているので、リンク数は3と表示されている。リンク数は3つめの表示。

  • 今回の解説について、理解できないポイントがあればどんどん質問を。
  • 採用になった方にはLPI-Japanオリジナルの記念品を贈呈します。
  • ご質問・ご意見はこちら
  • ※上記の解説とその内容については、例題作成者の監修です。
    内容や試験問題に関わるお問い合わせにつきましては、LPI-Japan事務局ではお応えできませんのでご了解ください。

このページのトップへ