HOMEサンプル問題・例題解説101試験の例題と解説104.5 ファイルのパーミッションと所有者を管理する

101試験の例題と解説

104.5ファイルのパーミッションと所有者を管理する

今回は101試験の試験範囲から「104.5 ファイルのパーミッションと所有者を管理する」についての例題を解いてみます。

■例題
ディレクトリに付与された実行可能のパーミッションの意味として正しいものを選びなさい。

1. ディレクトリ内の情報を取得できる
2. カレントディレクトリにすることができる
3. ディレクトリ内のファイルを削除できる
4. ディレクトリ内に書き込みできる

※この例題は実際のLinuC試験とは異なります。

解答と解説

答えは 2. カレントディレクトリにすることができる です。

ディレクトリのパーミッションは、ファイルに付与するパーミッションと若干異なっています。

○ディレクトリのパーミッション
r ディレクトリの中の情報を取得できる。すなわちlsが実行できる。
w ディレクトリ内に書き込みできる。ファイルの削除も書き込みに当たる。
x カレントディレクトリにすることができる。


それぞれのパーミッションは独立しているので、たとえば以下のような組み合わせも成り立ちます。

○r--の場合
lsでディレクトリの情報を見ることはできるが、情報は不完全。カレントディレクトリにはできないので、ほとんど何もできない

○-wxの場合
ディレクトリにファイルを作ったり、カレントディレクトリにはできるが、lsはできない。置いてあるファイルの名前が分かれば削除することもできる。

○--xの場合
カレントディレクトリにできるが、それ以外には何もできない。


このように実行可能のパーミッションは読み取りや書き込みのパーミッションと組み合わさることで機能するので、実行可能パーミッションは必須のパーミッションとなっている。

また、実行可能パーミッションのみだとカレントディレクトリにできても何もできなくなるが、たとえばApacheでユーザーのホームディレクトリ内のコンテンツを公開するUserDirディレクティブを使用する場合に使用します。
Apacheがユーザーのホームディレクトリ内に入れるよう、実行可能パーミッションだけをホームディレクトリに付与しておく必要があります。
限定的ではありますが、使用方法はあるということですね。

  • 今回の解説について、理解できないポイントがあればどんどん質問を。
  • 採用になった方にはLPI-Japanオリジナルの記念品を贈呈します。
  • ご質問・ご意見はこちら
  • ※上記の解説とその内容については、例題作成者の監修です。
    内容や試験問題に関わるお問い合わせにつきましては、LPI-Japan事務局ではお応えできませんのでご了解ください。

このページのトップへ