HOMEサンプル問題・例題解説101試験の例題と解説104.4 ディスククォータを管理する

101試験の例題と解説

104.4ディスククォータを管理する

今回は101試験の試験範囲から「104.4 ディスククォータを管理する」についての例題を解いてみます。

■例題
ディスククォータが有効にならない理由として正しくないものを選びなさい。

1. カーネルはクォータをサポートしていない
2. マウントオプションでクォータを有効にしていない
3. クォータ情報を記録するファイルを作成していない
4. 起動時にedquotaを起動していない

※この例題は実際のLinuC試験とは異なります。

解答と解説

答えは 4. 起動時にedquotaを起動していない です。

Linuxでクォータを設定するには、クォータをサポートしたカーネルで起動し、クォータを有効にしたいパーティションのマウントオプションにusrquota、あるいはgrpquotaを設定してマウントする必要があります。

さらに、クォータ情報はファイルに記録されるので、記録用のファイルを作成し、ユーザ別の設定を行います。

設定におおまかな手順は以下の通りです。

1. マウントオプションを有効にする
/etc/fstabに記述を行う。defaults,usrquotaのように記述すればよい。

2. 再マウントする
システムを再起動してもいいが、以下のようにmountコマンドを実行してもよい。

# mount -o remount /

3. クォータ情報ファイルを作成する
クォータ情報ファイルの作成にはquotacheckコマンドを実行する。

# quotacheck -amv

4. クォータ機能を有効にする
クォータを有効にするにはquotaonコマンドを実行する。

# quotaon -a
# quotaon -p -a ←※状態の表示で確認

5. クォータ情報を設定する
ユーザー個別のクォータを設定にするには、edquotaコマンドを実行する

# edquota lpic


クォータ機能はファイルサーバーなどで使用する場合に必要となる機能です。
設定方法および動作を確認しておいてください。

  • 今回の解説について、理解できないポイントがあればどんどん質問を。
  • 採用になった方にはLPI-Japanオリジナルの記念品を贈呈します。
  • ご質問・ご意見はこちら
  • ※上記の解説とその内容については、例題作成者の監修です。
    内容や試験問題に関わるお問い合わせにつきましては、LPI-Japan事務局ではお応えできませんのでご了解ください。

このページのトップへ