HOMEサンプル問題・例題解説101試験の例題と解説104.2 ファイルシステムの整合性を保持する

101試験の例題と解説

104.2ファイルシステムの整合性を保持する

今回は101試験の試験範囲から「104.2 ファイルシステムの整合性を保持する」についての例題を解いてみます。

■例題
inodeの説明として適切ではないものを選びなさい。

1. inodeはファイルと、ファイルの実体を結びつける情報である
2. inodeはMBR(マスターブートレコード)に保管される
3. inode情報が壊れると、ファイルが参照できなくなる
4. ハードリンクではinode番号は同じ番号になる

※この例題は実際のLinuC試験とは異なります。

解答と解説

答えは 2. inodeはMBR(マスターブートレコード)に保管される です。

inodeはLinuxで標準的に使用されているext2/ext3ファイルシステムで採用されているファイルの管理手法です。その他のUNIXでも古くから採用されている手法です。

inodeは、データ領域に保管されているファイルの実体に対して番号(inode番号)を割り振り、ファイル名などのファイル情報と合わせて保持されているinode番号を経由して、ファイルの実体へのアクセスを実現しています。

inodeが保管されている領域は、パーティションを初期化してファイルシステムを作成する際にinode領域として確保されます。つまり、inode領域は各パーティション毎に存在することになります。そのため、inode番号を共有することで実現しているハードリンクは、異なるパーティション間ではリンクすることができません。

inode領域が壊れると、当然ファイルへのアクセスが行えなくなります。また、inode領域はファイルシステム作成時に作成されるため、inode番号が足りなくなるとそれ以上ファイルを作成できなくなります。たとえば、細かいファイルが沢山作成されるとデータ領域が無くなる前にinode番号が足りなくなってしまうので注意が必要です。ext2/ext3では、後からinode番号の数を増やすことができません。

○dfコマンドでinode番号の残りを確認する
$ df -i
Filesystem            Iノード  I使用   I残り I使用% マウント位置
/dev/mapper/VolGroup00-LogVol00
                     4816896   76802 4740094    2% /
/dev/xvda1             26104      45   26059    1% /boot
tmpfs                 131072       1  131071    1% /dev/shm


もし、沢山の細かいファイルが作成されることがあらかじめ分かっているのであれば、mkfsコマンドに-iオプションで何バイト毎にinodeを作成するかを指定しておきましょう。

○1024バイト毎にinodeを作成する
# mkfs.ext3 -i 2048 /dev/sda1

  • 今回の解説について、理解できないポイントがあればどんどん質問を。
  • 採用になった方にはLPI-Japanオリジナルの記念品を贈呈します。
  • ご質問・ご意見はこちら
  • ※上記の解説とその内容については、例題作成者の監修です。
    内容や試験問題に関わるお問い合わせにつきましては、LPI-Japan事務局ではお応えできませんのでご了解ください。

このページのトップへ