HOMEサンプル問題・例題解説101試験の例題と解説103.8 viを使って基本的なファイル編集を行う

101試験の例題と解説

103.8viを使って基本的なファイル編集を行う

今回は101試験の試験範囲から「103.8 viを使って基本的なファイル編集を行う」についての例題を解いてみます。

■例題
viのコマンド「o」についての説明として正しいものを選びなさい。

1. 現在のカーソル行の次行に空行を入れて入力モード
2. 現在のカーソル行に空行を入れて入力モード
3. 現在のカーソル行の最後から入力モード
4. 現在のカーソルの次の文字から入力モード

※この例題は実際のLinuC試験とは異なります。

解答と解説

答えは 1. 現在のカーソル行の次行に空行を入れて入力モード です。

viは編集モードと入力モードを使い分ける「モーダル」エディタですが、入力モードに移行するコマンドはいくつか種類があります。特にカーソル行の次の行に空行を入れて入力モードに移行する「o」コマンドはよく使用するコマンドの一つです。

「O」と大文字で入力すると、現在のカーソル行に空行を入れて入力モードに移行します。二つの動作の違いは以下のようになります。

○oコマンドとOコマンドの違い
1. このような状態だとする。
上上上上上上上上上上上上上上上
カーソル行カーソル行カーソル行
下下下下下下下下下下下下下下下

2. oを押すとカーソル行の下に空行
上上上上上上上上上上上上上上上
カーソル行カーソル行カーソル行
←ここから入力
下下下下下下下下下下下下下下下

3. Oを押すとカーソル行の上に空行
上上上上上上上上上上上上上上上
←ここから入力
カーソル行カーソル行カーソル行
下下下下下下下下下下下下下下下


同様に、aとAも若干動作が異なります。aはカーソルの次から、Aはカーソル行の最後から入力が始まります。


このようにviには入力を便利にするコマンドがいくつも存在していますので、一つずつ覚えていくと、作業も快適になるでしょう。

  • 今回の解説について、理解できないポイントがあればどんどん質問を。
  • 採用になった方にはLPI-Japanオリジナルの記念品を贈呈します。
  • ご質問・ご意見はこちら
  • ※上記の解説とその内容については、例題作成者の監修です。
    内容や試験問題に関わるお問い合わせにつきましては、LPI-Japan事務局ではお応えできませんのでご了解ください。

このページのトップへ