HOMEサンプル問題・例題解説101試験の例題と解説104.4 ディスククォータを管理する

101試験の例題と解説

104.4ディスククォータを管理する

今回は、101試験の出題範囲から「 104.4 ディスククォータを管理する」についての例題を解いてみます。

ファイルシステムにユーザ毎のディスククォータを設定したい。各ユーザのディスククォータの状況を侮ヲするコマンドとして正しいものを選びなさい。

1. quota
2. repquota
3. quotacheck
4. quotaon
5. edquota

※この例題は実際のLinuC試験とは異なります。

解答と解説

答えは 2. repquota になります。

ユーザのディスク使用量の制限を行うディスククォータは、作業の流れと関連するコマンドの数が多いため、意外と実際にやったことがないという人が多いように感じます。

まず、関連するコマンドの役割を覚えること、そして作業の流れを理解して実際に試してみるといいでしょう。

以下、簡単に関連するコマンドについて解説します。

quota
現在のクォータの状況を表示する

edquota
クォータの設定を変更する。

repquota
現在の各ユーザ毎のクォータの状況を表示する。使用状況のチェックを行うにはquotacheckを実行する必要がある。

quotaon
クォータの機能を有効にする。あらかじめ、quota.userファイルを作成しておく必要がある。
■学習のポイント
きちんとした流れを把握していれば、それほど難しくないのもディスククォータの設定です。
以下のページなどを参考にして、実際に設定を行ってみるとよいでしょう。


学習環境を作るポイントとして、クォータの制限を記述するファイルquota.userなどはファイルシステムの/に作成しなければなりません。
通常のディストリビューションのデフォルトインストールだと、/(ルート)パーティション1つしか存在しないため、ディスククォータの設定が面倒です。
ディスクを増設するか、あらかじめ実験用に別パーティションを作成の上システムを構築しておくと、実験を行いやすいでしょう。
  • 今回の解説について、理解できないポイントがあればどんどん質問を。
  • 採用になった方にはLPI-Japanオリジナルの記念品を贈呈します。
  • ご質問・ご意見はこちら
  • ※上記の解説とその内容については、例題作成者の監修です。
    内容や試験問題に関わるお問い合わせにつきましては、LPI-Japan事務局ではお応えできませんのでご了解ください。

このページのトップへ