HOMEサンプル問題・例題解説101試験の例題と解説103.4 ストリーム、パイプ、リダイレクト を使う

101試験の例題と解説

103.4ストリーム、パイプ、リダイレクト を使う

今回は101試験の試験範囲から「103.4 ストリーム、パイプ、リダイレクトを使う」についての例題を解いてみます。

■例題
commandの実行結果を標準出力とfile.txtの両方に出力するteeコマンドの使い方として正しいものを選びなさい。

1. command > tee file.txt
2. command | tee file.txt
3. tee command file.txt
4. command | tee > file.txt

※この例題は実際のLinuC試験とは異なります。

解答と解説

答えは 2. command | tee file.txt です。

teeコマンドは標準入力から入力されたストリームを、標準出力と引数で指定されたファイルの双方に出力するコマンドです。ですので、解答のようにcommandの標準出力をパイプでteeコマンドに繋いであげる必要があります。

1. command > tee file.txt では、commandの出力がteeというファイルにリダイレクトされてしまうことになるので、正しくありません。

3. tee command file.txt では、teeコマンドの出力がcommandというファイルに出力されてしまいます。実行自体は行えますが、teeコマンドは標準入力、通常はキーボードからの入力待ちの状態で実行されます。

4. command | tee > file.txt では、teeコマンドからの標準出力がfile.txtにリダイレクトされてしまい、画面に結果が表示されなくなります。正常に動作はしますが、例題の求めている結果にはなりません。

teeコマンドは、通常は引数で指定されたファイルに結果を上書きします。
>>でリダイレクトするように追加をしていきたい場合には-aオプションをつけて実行する必要があります。

  • 今回の解説について、理解できないポイントがあればどんどん質問を。
  • 採用になった方にはLPI-Japanオリジナルの記念品を贈呈します。
  • ご質問・ご意見はこちら
  • ※上記の解説とその内容については、例題作成者の監修です。
    内容や試験問題に関わるお問い合わせにつきましては、LPI-Japan事務局ではお応えできませんのでご了解ください。

このページのトップへ