HOMEサンプル問題・例題解説101試験の例題と解説101.3 ランレベルの変更とシステムのシャットダウンまたはリブート

101試験の例題と解説

101.3ランレベルの変更とシステムのシャットダウンまたはリブート

今回は101試験の試験範囲から、「101.3 ランレベルの変更とシステムのシャットダウンまたはリブート」についての例題を解いてみます。

■例題
ランレベルの変更の説明として間違っているものを選びなさい。

1. ランレベルの変更はユーザrootのみ行える
2. システム稼働中にランレベルを1に変更すると、その他のユーザはシステムが利用できなくなる
3. システム起動時にランレベルを指定できる
4. ランレベルを元に戻すには再起動しなければならない

※この例題は実際のLinuC試験とは異なります。

解答と解説

答えは 4. ランレベルを元に戻すには再起動しなければならない です。

ランレベルはシステムの様々な状態を数値で指定可能としたものです。一般的なLinuxの場合、CUIで使用するならばランレベル3、GUIで使用するならばランレベル5になりますが、システム稼働中でも必要に応じてランレベルは変更できます。

ランレベルを変更するには、ユーザrootでinitプロセスに対して変更後のランレベルを伝えます。telinitコマンドが使用できますが、telinitコマンドはinitコマンドに対するシンボリックリンクになっているので、どちらのコマンドを使用しても良いでしょう。

○telinitコマンドの情報を参照
# ls -l /sbin/telinit
lrwxrwxrwx 1 root root 4  7月  8 01:53 /sbin/telinit -> init

たとえばシステム稼働中にシステムのメンテナンスをしなければならない時には、必要に応じてシングルユーザモードに移行して作業を行う必要があります。シングルユーザモードへの移行は、ランレベルを1にします。

○シングルユーザモードへの移行
# telinit 1
INIT: Sending processes the TERM signal
(以下、起動中のサービスを停止)

sh-3.2# ★シングルユーザモードに移行し、シェルプロンプトが表示される


シングルユーザモードに移行すると、その他のユーザは操作が行えなくなりますが、その時の挙動はやや異なります。

・コンソールでログインしているユーザ → 強制ログアウト
・OpenSSH経由でログインしているユーザ → ランレベル復帰後作業継続可能

OpenSSHで接続した状態でシングルユーザモードに移行し、復帰させると作業が継続できます。お試し下さい。


シングルユーザモードので作業が終わった後は、使用していたシェルを終了(exit)することで、元のランレベルに復帰します。


ランレベルは、システム起動時にカーネルパラメータに渡すことで/etc/inittabで指定されたデフォルトランレベルから変更することができます。

  • 今回の解説について、理解できないポイントがあればどんどん質問を。
  • 採用になった方にはLPI-Japanオリジナルの記念品を贈呈します。
  • ご質問・ご意見はこちら
  • ※上記の解説とその内容については、例題作成者の監修です。
    内容や試験問題に関わるお問い合わせにつきましては、LPI-Japan事務局ではお応えできませんのでご了解ください。

このページのトップへ