HOMEサンプル問題・例題解説101試験の例題と解説102.5 RPMおよびYUMパッケージ管理の管理

101試験の例題と解説

102.5 RPMおよびYUMパッケージ管理の管理

今回はLinuC 101試験の試験範囲から、「102.5 RPMおよびYUMパッケージ管理の管理」についての例題を解いてみます。

■トピックの概要
このトピックの内容は以下の通りです。

<102.5 RPMおよびYUMパッケージ管理の管理>
重要度 3

<説明>
RPMおよびYUMのツールを使用してパッケージ管理できる。

<主要な知識範囲>
・RPMおよびYUMを使用してパッケージのインストール、再インストール、アップグレード、削除を行う
・RPMパッケージのバージョン、状態、依存関係、整合性と署名などの情報を取得する
・パッケージがどのファイルを提供するか、また、特定のファイルがどのパッケージから提供されるかを判断する

<重要なファイル、用語、ユーティリティ>
・rpm
・rpm2cpio
・/etc/yum.conf
・/etc/yum.repos.d/
・yum
・yumdownloader


■例題
rpmパッケージに含まれるファイルの一覧を参照したい場合に、実行するコマンドを選択してください。

1. rpm -ql [パッケージ名]
2. rpm -q [パッケージ名]
3. rpm -qi [パッケージ名]
4. rpm -qR [パッケージ名]

※この例題は実際のLinuC試験問題とは異なります。

解答と解説

答えは 「1. rpm -ql [パッケージ名]」です。

rpmコマンドは、rpmパッケージの管理を行うコマンドです。
インストールやアップグレード、アンインストールの他に、パッケージの情報を参照することできます。

それぞれの選択肢について解説します。

「1. rpm -ql [パッケージ名]」

このコマンドが、パッケージに含まれるファイルの一覧を表示するコマンドです。
以下のような出力が得られます。

$ rpm -ql httpd
/etc/httpd
/etc/httpd/conf
/etc/httpd/conf.d
/etc/httpd/conf.d/README
/etc/httpd/conf.d/autoindex.conf
/etc/httpd/conf.d/userdir.conf
/etc/httpd/conf.d/welcome.conf
/etc/httpd/conf.modules.d
<省略>


「2. rpm -q [パッケージ名]」

このコマンドは、システムにパッケージがインストールされているかを調べるためのコマンドです。
インストールされている場合は、以下のようにパッケージ名が出力されます。

$ rpm -q httpd
httpd-2.4.6-67.el7.centos.2.x86_64

またシステムにインストールされているパッケージの一覧を参照したい場合は、「rpm -qa」を利用します。

「3. rpm -qi [パッケージ名]」

このコマンドは、パッケージの情報を調べるためのコマンドです。
以下のようにパッケージのバージョンや、署名、説明などの情報を確認することができます。

$ rpm -qi httpd
Name        : httpd
Version     : 2.4.6
Release     : 67.el7.centos.2
Architecture: x86_64
Install Date: 2017年09月26日 17時32分32秒
Group       : System Environment/Daemons
Size        : 9827789
License     : ASL 2.0
Signature   : RSA/SHA256, 2017年08月24日 12時05分51秒, Key ID 24c6a8a7f4a80eb5
Source RPM  : httpd-2.4.6-67.el7.centos.2.src.rpm
Build Date  : 2017年08月24日 00時48分39秒
Build Host  : c1bm.rdu2.centos.org
Relocations : (not relocatable)
Packager    : CentOS BuildSystem <http://bugs.centos.org>
Vendor      : CentOS
URL         : http://httpd.apache.org/
Summary     : Apache HTTP Server
Description :
The Apache HTTP Server is a powerful, efficient, and extensible
web server.

「4. rpm -qR [パッケージ名]」

このコマンドは、指定されたパッケージが依存するパッケージ・ライブラリ等を出力するためのコマンドです。
以下のような結果になります。


# rpm -qR httpd
/etc/mime.types
system-logos >= 7.92.1-1
httpd-tools = 2.4.6-67.el7.centos.2
/usr/sbin/useradd
/usr/sbin/groupadd
systemd-units
<省略>


システムの管理を行う上で、rpmコマンドでパッケージの情報を調べるという作業は、たびたび発生します。
タイムリーな対応ができるように、日頃から使い方を覚えておきましょう。

■例題作成者
株式会社デージーネット ソリューション開発部    森 彰吾 氏

  • 今回の解説について、理解できないポイントがあればどんどん質問を。
  • 採用になった方にはLPI-Japanオリジナルの記念品を贈呈します。
  • ご質問・ご意見はこちら
  • ※上記の解説とその内容については、例題作成者の監修です。
    内容や試験問題に関わるお問い合わせにつきましては、LPI-Japan事務局ではお応えできませんのでご了解ください。

このページのトップへ