HOMEサンプル問題・例題解説101試験の例題と解説102.5 RPMおよびYUMパッケージ管理の使用

101試験の例題と解説

102.5 RPMおよびYUMパッケージ管理の使用

今回はLPIC101試験の試験範囲から、「102.5 RPMおよびYUMパッケージ管理の使用」についての例題を解いてみます。

■トピックの概要
このトピックの内容は以下の通りです。

<102.5 RPMおよびYUMパッケージ管理の使用>
重要度 3

<説明>
RPMおよびYUMのツールを使用してパッケージ管理できる。

<主要な知識範囲>
・RPMおよびYUMを使用してパッケージのインストール、再インストール、アップグレード、削除を行う
・RPMパッケージのバージョン、状態、依存関係、整合性と署名などの情報を取得する
・パッケージがどのファイルを提供するか、また、特定のファイルがどのパッケージから提供されるかを判断する

<重要なファイル、用語、ユーティリティ>
・rpm
・rpm2cpio
・/etc/yum.conf
・/etc/yum.repos.d/
・yum
・yumdownloader

■例題
ソフトウェアをアップデートするコマンドとして適切なものを選択してください。

1. rpm -u パッケージ
2. rpm -i パッケージ
3. rpm -F パッケージ
4. rpm -ql パッケージ

※この例題は実際のLPIC試験問題とは異なります。

解答と解説

答えは 「3. rpm -F パッケージ」です。

rpmコマンドは、Redhat系OSなどで採用されているRPMパッケージーマネージャを管理するためのコマンドです。
このコマンドを利用して、ソフトウェアのインストールやアンインストール、アップデートなどの操作を行うことができます。

rpmコマンドの主なオプションは以下の通りです。

-i パッケージ  … 指定したパッケージをインストールします
-F パッケージ  … 指定したパッケージがインストールされている場合、アップデートします
-U パッケージ  … 指定したパッケージがインストールされていない場合は、インストール
                  インストールされている場合は、アップデートを行います
-qa            … インストールされているパッケージの一覧を表示します
-ql パッケージ … 指定したパッケージのファイル一覧を表示します
-qi パッケージ … 指定したパッケージの情報を表示します


例題でパッケージをアップデートしているのは「3. rpm -F パッケージ」になるため、
この回答が正解になります。また「-u」オプションは存在しません。

ソフトウェアは、ソースコードからインストールすることも可能ですが、パッケージを利用することで、
インストール時間の短縮や、その後の管理コストを下げることができます。パッケージを使うことによる
メリットは非常に大きいので、管理する方法は確実に覚えておきましょう。

■例題作成者
株式会社デージーネット ソリューション開発部    森 彰吾 氏

  • 今回の解説について、理解できないポイントがあればどんどん質問を。
  • 採用になった方にはLPIオリジナルの記念品を贈呈します。
  • ご質問・ご意見はこちら
  • ※上記の解説とその内容については、例題作成者の監修です。
    内容や試験問題に関わるお問い合わせにつきましては、LPI事務局ではお応えできませんのでご了解ください。

このページのトップへ