HOMEサンプル問題・例題解説101試験の例題と解説104.2 ファイルシステムの整合性の保守

101試験の例題と解説

104.2 ファイルシステムの整合性の保守

今回はLPIC101試験の試験範囲から、「104.2 ファイルシステムの整合性の保守」についての例題を解いてみます。

■トピックの概要
このトピックの内容は以下の通りです。

<104.2 ファイルシステムの整合性の保守>
重要度 2

<説明>
標準的なファイルシステムだけでなく、ジャーナリングファイルシステムに関連付けられたデータも維持できる。

<主要な知識範囲>
ファイルシステムの整合性を確認する
空きスペースおよびinodeを監視する
単純なファイルシステムの問題を修復する

<重要なファイル、用語、ユーティリティ>
du
df
fsck
e2fsck
mke2fs
debugfs
dumpe2fs
tune2fs
XFS ツール(xfs_metadumpおよびxfs_infoなど)


■例題
ファイルシステムのinode使用率を調べるためのコマンドを選択してください。

1. ls -i
2. df -i
3. du -i
4. tune2fs -i

※この例題は実際のLPIC試験問題とは異なります。

解答と解説

答えは 「2. df -i」です。

inodeはext3やext4などのファイルシステムで実装されているファイルやディレクトリの管理番号です。ファイルやディレクトリの権限情報や時間情報は、inode番号と紐付いて管理されています。

また、一つのファイルシステムで利用できるinodeの数には、上限があります。
inodeの上限や現在の使用数・割合を調べるためには、例題のように「df -i」を実行します。
下記は、/homeファイルシステムの使用率を調べた場合の例です。

$ df -i /home
ファイルシス     Iノード I使用   I残り     I使用% マウント位置
/dev/sda3        9248768 130349  9118419   2%     /home

この例では、使用率が2%でまだまだ余裕があります。ただinode数が上限に達した場合、ファイルシステムの容量に余裕があったとしても、新しいファイルやディレクトリが作成できない状態になります。

何かのファイルを作成しようとして、「空き容量がありません」という内容のエラーメッセージが表示された場合に、よくdfコマンドで空き容量を確認しますが、稀に空き容量に余裕がある場合があります。そういう時は、inodeの数が不足していないかを確認してみてください。


■例題作成者 株式会社デージーネット ソリューション開発部    森 彰吾 氏

  • 今回の解説について、理解できないポイントがあればどんどん質問を。
  • 採用になった方にはLPIオリジナルの記念品を贈呈します。
  • ご質問・ご意見はこちら
  • ※上記の解説とその内容については、例題作成者の監修です。
    内容や試験問題に関わるお問い合わせにつきましては、LPI事務局ではお応えできませんのでご了解ください。

このページのトップへ