HOMEサンプル問題・例題解説101試験の例題と解説101.3 ランレベル/ブートターゲットの変更とシステムのシャットダウンまたはリブート

101試験の例題と解説

101.3 ランレベル/ブートターゲットの変更とシステムのシャットダウンまたはリブート

今回は101試験の試験範囲から、「101.3 ランレベル/ブートターゲットの変更とシステムのシャットダウンまたはリブート」についての例題を解いてみます。

■例題
OS起動時のsystemdのターゲットを変更するコマンドを選びなさい

1. systemctl isolate graphical.target
2. systemctl get-default graphical.target
3. systemctl set-default graphical.target
4. systemctl default graphical.target

※この例題は実際の試験問題とは異なります。

解答と解説

答えは 「3. systemctl set-default graphical.target」です。

systemdでは、起動時のターゲットを変更する場合には、以下のコマンドを実行します。

#systemctl set-default ターゲット名.target

systemdでは、従来のSysVinit/Upstartのランレベルに相当するターゲットがデフォルトで存在します。
主なターゲットと用途は以下の通りです。

poweroff.target        … システムを停止します
rescue.target        … レスキューモード(シングルユーザモード相当)にシステムを切り替えます。
multi-user.target    … 非グラフィカルなインタフェースで複数ユーザがシステムを利用できる状態に切り替えます
graphical.target    … グラフィカルなインタフェースで複数ユーザがシステムを利用できる状態に切り替えます
reboot.target        … システムを再起動します


それぞれの回答の解説は以下の通りです。

「1. systemctl isolate graphical.target」

isolateサブコマンドを実行すると、現在のターゲットを変更します。
今回は、OS起動時のsystemdのターゲットを変更するコマンドですので、この回答は誤りです。

「2. systemctl get-default graphical.target」

get-defaultサブコマンドは、OS起動時のターゲット(デフォルトターゲット)を確認するための
コマンドです。ターゲットの切り替えや変更は行われないため、この回答も誤りです。

「4. systemctl default graphical.target」

defaultサブコマンドは、現在のターゲットをデフォルトターゲットに切り替えるために利用します。
またdefaultサブコマンドは引数を取りませんので、実際に利用する場合は以下のように実行します。

# systemctl default

systemdはSysVinit/Upstartに比べ、起動処理を並列で行えるため、OSの起動や停止を素早く行えるなどのメリットがあります。
そのため最新のOSでは、initの代わりにsystemdを採用している場合が多くあります。
SysVinit/Upstartとは、概念も操作も大きくことなるため、systemdの操作方法を、詳しく抑えておきましょう。


◆例題作成者
株式会社デージーネット システム設計部    森 彰吾 氏
株式会社デージーネット ソリューション開発部 丸吉祐也 氏



  • 今回の解説について、理解できないポイントがあればどんどん質問を。
  • 採用になった方にはLPI-Japanオリジナルの記念品を贈呈します。
  • ご質問・ご意見はこちら
  • ※上記の解説とその内容については、例題作成者の監修です。
    内容や試験問題に関わるお問い合わせにつきましては、LPI-Japan事務局ではお応えできませんのでご了解ください。

このページのトップへ