HOMEサンプル問題・例題解説101試験の例題と解説102.4 Debianパッケージ管理の使用

101試験の例題と解説

102.4Debianパッケージ管理の使用

今回は101試験の試験範囲から、「102.4 Debianパッケージ管理の使用」についての例題を解いてみます。

■例題
Debianでパッケージの検索を行うコマンドを次の内から選びなさい

1. apt-get search <パッケージ名>
2. apt-get check
3. apt-cache search <パッケージ名>
4. apt-cache show <パッケージ名>

※この例題は実際の試験問題とは異なります。

解答と解説

答えは 「3. apt-cache search <パッケージ名>」です。

apt-getコマンドはパッケージのインストール、アップデート、削除を行います。
また、apt-cacheコマンドはaptのパッケージキャッシュの操作を行います。
パッケージの存在を検索したい場合はapt-cacheコマンドを使用します。

それぞれの選択肢について、以下の操作を実施します。

・「apt-get search <パッケージ名>」
   apt-getの引数にsearchを与えることは出来ません。
   apt-getの誤った使用方法となります。

・「apt-get check」
   パッケージキャッシュの更新の有無、壊れた依存関係を診断します。

・「apt-cache search <パッケージ名>」
   指定されたパッケージを検索します。
   パッケージ名は正規表現を指定することが可能で、指定された正規表現により利用可能なパッケージの全文検索を行います。

・「apt-cache show <パッケージ名>」
   指定したパッケージの詳細を表示します。

Debianのパッケージ管理ツールはapt-get, apt-cacheだけでなく、aptitudeコマンド、dpkgコマンドなど他にも様々なものがあります。
必要に応じて使い分けることができるよう、apt-get, apt-cache以外のパッケージ管理ツールについても確認しておきましょう。

  • 今回の解説について、理解できないポイントがあればどんどん質問を。
  • 採用になった方にはLPI-Japanオリジナルの記念品を贈呈します。
  • ご質問・ご意見はこちら
  • ※上記の解説とその内容については、例題作成者の監修です。
    内容や試験問題に関わるお問い合わせにつきましては、LPI-Japan事務局ではお応えできませんのでご了解ください。

このページのトップへ