HOMEサンプル問題・例題解説101試験の例題と解説102.1 ハードディスクのレイアウト設計

101試験の例題と解説

102.1ハードディスクのレイアウト設計

今回は、101試験の出題範囲から「102.1 ハードディスクのレイアウト設計」についての例題を解いてみます。

■例題
次のディレクトリのうち、システムを利用するユーザのデータが格納されるディレクトリを選びなさい。

1. /(ルート)
2. /var
3. /proc
4. /home
5. /bin


※この例題は実際のLinuC試験とは異なります。

解答と解説

答えは 4. /home です。

Linuxのファイルシステムは、各ディレクトリ毎に役割が決められています。
これらの役割は、FHS(Filesystem Hierarchy Standard)という形で標準としてまとめられています。

ユーザのデータは、/homeディレクトリの下に格納されます。useraddコマンドに-mオプションをつけて実行すれば、自動的に/homeの下にユーザ名でホームディレクトリが作成されるようになっています(最近では-mオプションはデフォルトになっていて、指定しないでもそのように動作することが多い)。

/(ルート)ディレクトリは、ファイルシステムの大元ということもあり、基本的に何もファイルを置きません。

/procは、システムの状態などを仮想ファイルという形で見せてくれる、特殊なディレクトリです。そのため、ハードディスク上ではなく、起動後にメモリ上に作られます。

/varは、ログなどシステムが動作する中で作られたファイルが格納されます。

/binは、基本的なユーザコマンド(lsコマンドなど)が格納されます。

FHSには、これらの他にも主要なディレクトリが定義されているので、一通りその役割を確認しておくと良いでしょう。

  • 今回の解説について、理解できないポイントがあればどんどん質問を。
  • 採用になった方にはLPI-Japanオリジナルの記念品を贈呈します。
  • ご質問・ご意見はこちら
  • ※上記の解説とその内容については、例題作成者の監修です。
    内容や試験問題に関わるお問い合わせにつきましては、LPI-Japan事務局ではお応えできませんのでご了解ください。

このページのトップへ