HOMEサンプル問題・例題解説101試験の例題と解説102.5 RPMおよびYUMパッケージ管理の管理

101試験の例題と解説

102.5 RPMおよびYUMパッケージ管理の管理

今回は101試験の試験範囲から「102.5 RPMおよびYUMパッケージ管理の管理」についての例題を解いてみます。

■例題

以下の中からyumコマンドで特定のファイルが入っているパッケージを検索するときに使用するサブコマンドを選びなさい。

1. search
2. repolist
3. check
4. provides

※この例題は実際の試験問題とは異なります。

解答と解説

答えは 「4. provides」です。

yumコマンドはRed Hat Enterprise LinuxやCentOSで使用されているパッケージマネージャです。

yumコマンドを使うことでrpmパッケージの依存関係を自動で解決してインストールを行うことができるため、利用することが多いでしょう。

指定するサブコマンドを変更することでパッケージをインストールするだけでなく、削除やパッケージの検索、yumの設定の確認などを行うこともできます。

yumコマンドはリポジトリと呼ばれるパッケージの保存されている場所を参照してパッケージの取得などを行っています。

現在使用可能なリポジトリを確認するためのサブコマンドが「2. repolist」です。

実際に使用する例としては以下となります。

$ yum repolist

repolistを指定することで、yumコマンドを実行した時に参照可能なリポジトリ名やリポジトリ単位で取得が可能なパッケージ数を表示することができるため、どのようなリポジトリをyumが参照するのかを確認したい時に使います。


「1. search」と「4. provides」は、ともにパッケージの検索を行うサブコマンドですが、検索方法が異なります。

searchは指定した場合、パッケージ名またはパッケージの説明文に指定されたキーワードを含むパッケージを一覧で表示します。

使用例としては以下となります。

$ yum search httpd

上記を実行した場合、パッケージ名またはパッケージの説明文に「httpd」を含むパッケージの一覧が表示されます。

一方、providesは指定したファイルを含んでいるパッケージを検索して表示するサブコマンドです。

providesでは、「*」といったワイルドカードを使って指定をすることができるため、以下のようにコマンドを実行することができます。

$ yum provides */httpd

searchやprovidesはパッケージをインストールしようとしたが、パッケージ名が分からない場合や、必要なファイルを含むパッケージがわからない場合に使用します。


「3. check」はrpmdbと呼ばれるパッケージのインストール情報を管理するデータベースファイルのチェックを行う時に使用するサブコマンドです。

yumコマンドを使ってインストールをするパッケージは、rpmコマンドでも管理をすることができるため、パッケージ情報を共通のデータベースファイルに保存をしています。

このrpmdbが破損すると、yumを使ってパッケージのインストールをしようとしてもエラーが発生する場合があります。

そのような場合にcheckを実施することでrpmdbの状態を確認することができます。


◆例題作成者
株式会社デージーネット システム設計部    森 彰吾 氏
株式会社デージーネット ソリューション開発部 丸吉祐也 氏

  • 今回の解説について、理解できないポイントがあればどんどん質問を。
  • 採用になった方にはLPI-Japanオリジナルの記念品を贈呈します。
  • ご質問・ご意見はこちら
  • ※上記の解説とその内容については、例題作成者の監修です。
    内容や試験問題に関わるお問い合わせにつきましては、LPI-Japan事務局ではお応えできませんのでご了解ください。

このページのトップへ