HOMEサンプル問題・例題解説101試験の例題と解説104.1 パーティションとファイルシステムの作成

101試験の例題と解説

104.1パーティションとファイルシステムの作成

今回は、101試験の出題範囲から「104.1 パーティションとファイルシステムの作成」についての例題を解いてみます。

■例題
OBJECTIVE: 2.2.1 TYPE: mc
What command(s) do you use to create swap space?

1. mkswap
2. activeswap
3. swapon
4. initswap
5. mkfs -t swap

■例題の翻訳(意訳)
スワップスペースを作成するためのコマンドはどれか?

※この例題は実際のLinuC試験とは異なります。

解答と解説

答えは 1. になります。

Linuxで仮想メモリを使用するには、メモリ上で使用しない領域をスワップアウトするためのスワップスペースが必要になります。Linuxでは通常、スワップスペースはディスク上にパーティションを作成しておきます。スワップパーティションは通常のディスクスペースとは違う種類のスワップスペース専用のパーティションとして作成しておきます。作成にはfdiskコマンドなどを使用します。

スワップパーティションは確保しただけではスワップスペースとして利用できないので、mkswapコマンドを使ってスワップスペースとして初期化を行います。

作成されたスワップスペースはswaponコマンドを使って有効にできます。スワップスペースを無効にするにはswapoffコマンドを使用します。

ext2などの一般的なファイルシステムを作成する際に使用するmkfsとはコマンドが異なるので注意しましょう。

  • 今回の解説について、理解できないポイントがあればどんどん質問を。
  • 採用になった方にはLPI-Japanオリジナルの記念品を贈呈します。
  • ご質問・ご意見はこちら
  • ※上記の解説とその内容については、例題作成者の監修です。
    内容や試験問題に関わるお問い合わせにつきましては、LPI-Japan事務局ではお応えできませんのでご了解ください。

このページのトップへ