HOMEサンプル問題・例題解説101試験の例題と解説102.1 ハードディスクのレイアウト設計

101試験の例題と解説

102.1 ハードディスクのレイアウト設計

今回は101試験の試験範囲から「102.1 ハードディスクのレイアウト設計」についての例題を解いてみます。

■例題
パーティション構成の説明として間違っているものを選びなさい。

1. /(root)ファイルシステムには/varディレクトリが含まれている必要がある
2. /homeファイルシステムを別パーティションとすることでマウントオプションを調整できる
3. スワップパーティションは通常のファイルシステム用パーティションと異なる
4. パーティションを別ディスクに分けることで性能や保護レベルを調整できる

※この例題は実際のLinuC試験とは異なります。

解答と解説

答えは 1. /(root)ファイルシステムには/varディレクトリが含まれている必要がある です。

Linuxのファイルシステムをより適切に構成するためには、各ディレクトリの役割をきちんと理解し、適切にパーティションに配置する必要があります。

パーティションは、物理ディスク上にファイルシステムを作成できるように分割したものです。1台のハードディスクでも、複数のパーティションに分割し、それぞれに別々のファイルシステムを作成することがあります。

ファイルシステムを分割する理由はいくつかあります。まずRAIDで高速にしたり、冗長構成にしたハードディスクをファイルシステムに割り当てたい場合です。高速なRAID 1+0構成は/varファイルシステムに、RAID 5構成で容量を確保して/homeファイルシステムに割り当てるなどの構成が考えられます。

また、マウントオプションはマウントポイント毎に指定するので、たとえば/homeファイルシステム以下の実行ファイルを実行させたくない場合には、別途noexecオプションをつけてマウントする必要があるため、/rootパーティションなどとは別にしておかなければなりません。

ファイルシステムの構成についてはFHS(Filesystem Hierarchy Standard)を参照しておくとよいでしょう。たとえば/usr、/opt、/varファイルシステムは/(root)ファイルシステムとは別のファイルシステムになっていてもよいと定義されています。

○FHS(Filesystem Hierarchy Standard)
http://www.pathname.com/fhs/

スワップパーティションは通常のファイルシステムとは異なるパーティションとして作成する必要があります。

  • 今回の解説について、理解できないポイントがあればどんどん質問を。
  • 採用になった方にはLPI-Japanオリジナルの記念品を贈呈します。
  • ご質問・ご意見はこちら
  • ※上記の解説とその内容については、例題作成者の監修です。
    内容や試験問題に関わるお問い合わせにつきましては、LPI-Japan事務局ではお応えできませんのでご了解ください。

このページのトップへ