HOMEサンプル問題・例題解説101試験の例題と解説 例題「フィルタプログラム 解説」

101試験の例題と解説

例題「フィルタプログラム 解説」

以下のフィルタの役割を調べてみましょう。
cat
cut
expand
fmt
head
join
nl
od
paste
pr
sed
sort
split
tac
tail
tr
unexpand
uniq
wc

解答と解説

□cat
指定されたファイルを連結して出力する、あるいは標準入力のデータを標準出力へ出力する。

□cut
データの切り出し(CUT)を行う。オプションによって切り出し方が異なる。
-c:文字位置を指定する
-f:フィールド位置を指定する

□expand
テキストのタブ文字を空白文字に変換する。

□fmt
テキストを整形する。

□head
ファイルの先頭を侮ヲする。

□join
2つのファイルのうち、指定したフィールドが共通の行を結合する。

□nl
ファイルに行番号を付加する。

□od
ファイルの内容を8進数で侮ヲする。Octet Dumpの略。octetは「8」を浮キ。

□paste
指定したファイルを行データごとに連結する。

□pr
テキストを印刷用に整形する。

□sed
テキストを指定に従って編集する。Stream Editorの略。

□sort
テキストをメ[トする。

□split
ファイルを分割する。

□tac
ファイルを逆順に侮ヲする。

□tail
ファイルの末尾を侮ヲする。

□tr
テキストの変換、削除を行う。

□unexpand
空白文字をタブ文字に変換する。

□uniq
テキストの重複行を削除する。あらかじめメ[トしておく。

□wc
テキストの文字数、単語数、行数をカウントする。


皆さん、何個答えられましたか?ここで解説したのはそれぞれのプログラムの標準的な動作ですので、さらにいくつかのオプションで動作を変えることができます。単純に丸暗記するのではなく、manコマンドやリファレンス書籍で使い方を調べながら、Linuxで実際の動作を目で確認していくことが重要でしょう。
  • 今回の解説について、理解できないポイントがあればどんどん質問を。
  • 採用になった方にはLPI-Japanオリジナルの記念品を贈呈します。
  • ご質問・ご意見はこちら
  • ※上記の解説とその内容については、例題作成者の監修です。
    内容や試験問題に関わるお問い合わせにつきましては、LPI-Japan事務局ではお応えできませんのでご了解ください。

このページのトップへ