HOMEサンプル問題・例題解説101試験の例題と解説101.3 ランレベルの変更とシステムのシャットダウンまたはリブート

101試験の例題と解説

101.3 ランレベルの変更とシステムのシャットダウンまたはリブート

今回は101試験の試験範囲から「101.3 ランレベルの変更とシステムのシャットダウンまたはリブート」についての例題を解いてみます。

■例題
ランレベル変更の説明として間違っているものを選びなさい。

1. ランレベル変更はtelinitコマンドで行う
2. ログインしているユーザーにwallコマンドで通知が行える
3.  runlevelコマンドで現在のランレベルが確認できる
4. ランレベル0にするとシステムが再起動する

※この例題は実際のLinuC試験とは異なります。

解答と解説

答えは 4. ランレベル0にするとシステムが再起動する です。

ランレベルはシステム状態を数値で表したもので、以下のように定義されています。

○/etc/inittabに記述されたランレベル解説
#   0 - halt (Do NOT set initdefault to this)
#   1 - Single user mode
#   2 - Multiuser, without NFS (The same as 3, if you do not have networking)
#   3 - Full multiuser mode
#   4 - unused
#   5 - X11
#   6 - reboot (Do NOT set initdefault to this)

一般的にはランレベル3かランレベル5を使用し、システムのメンテナンスなどを行う場合にはランレベル1のシングルユーザーモード(ユーザーrootのみ作業可能)に変更します。

ランレベルの確認は、/sbin/runlevelコマンドで行います。

○runlevelコマンドの実行例
# runlevel
N 3


この場合、現在ランレベル3、前のランレベルは無いので、起動後にランレベルの変更が行われていないことが分かります。

起動後にランレベルを変更する時、たとえばランレベル3から1、シングルユーザーモードに変更すると、もし他に一般ユーザーとしてログインしているユーザーがいる場合、ログインセッションが終了することになります。
事前にWebやメールなどで通知する他、ログインしているユーザーをwhoコマンドで確認し、場合によってはwriteコマンドやwallコマンドで通知してログアウトさせた上で、シングルユーザーモードに変更するようにするべきでしょう。

ランレベル0はシステム終了(halt)。shutdownコマンドに-hオプションを付けて実行したのと同じとなります。ランレベル6は再起動(reboot)なので、こちらは-rオプション相当となります。

  • 今回の解説について、理解できないポイントがあればどんどん質問を。
  • 採用になった方にはLPI-Japanオリジナルの記念品を贈呈します。
  • ご質問・ご意見はこちら
  • ※上記の解説とその内容については、例題作成者の監修です。
    内容や試験問題に関わるお問い合わせにつきましては、LPI-Japan事務局ではお応えできませんのでご了解ください。

このページのトップへ