HOMEサンプル問題・例題解説101試験の例題と解説101.2 システムのブート

101試験の例題と解説

101.2システムのブート

今回は101試験の試験範囲から「101.2 システムのブート」についての例題を解いてみます。

■例題
dmesgの説明として間違っているものを選びなさい。

1. dmesgコマンドはカーネル起動時のメッセージを表示する
2. /var/log/dmesgを参照することでdmesgコマンドの表示と同様のことが行える
3. dmesgにはサービス起動のエラーなども記録されている
4. dmesgの記録はリングバッファのため、一定容量を超えると上書きされる

※この例題は実際のLinuC試験とは異なります。

解答と解説

答えは 3. dmesgにはサービス起動のエラーなども記録されている です。

Linux上で動作するサービスのログは通常syslogで記録するか、プログラムが独自のログを出力して記録されますが、Linuxカーネル起動時にはsyslogなどは動作していないため、独自のログ記録の仕組みを持っています。このログを参照するためのコマンドがdmesgコマンドです。

dmesgコマンドは、カーネル起動時のハードウェアの認識、初期化などの様子を参照することができるため、特にハードウェア周りのトラブルなどが発生した場合、解決の手がかりとして有用です。

○dmesgコマンドの実行例
# dmesg
Linux version 2.6.9-103.EL (mockbuild@builder10.centos.org) (gcc
version 3.4.6 2
0060404 (Red Hat 3.4.6-11)) #1 Fri Dec 9 04:14:04 EST 2011
BIOS-provided physical RAM map:
 BIOS-e820: 0000000000000000 - 000000000009f800 (usable)
 BIOS-e820: 000000000009f800 - 00000000000a0000 (reserved)
 BIOS-e820: 00000000000ca000 - 00000000000cc000 (reserved)
 BIOS-e820: 00000000000dc000 - 0000000000100000 (reserved)
 BIOS-e820: 0000000000100000 - 00000000bfef0000 (usable)
 BIOS-e820: 00000000bfef0000 - 00000000bfeff000 (ACPI data)
 BIOS-e820: 00000000bfeff000 - 00000000bff00000 (ACPI NVS)
 BIOS-e820: 00000000bff00000 - 00000000c0000000 (usable)
 BIOS-e820: 00000000e0000000 - 00000000f0000000 (reserved)
 BIOS-e820: 00000000fec00000 - 00000000fec10000 (reserved)
 BIOS-e820: 00000000fee00000 - 00000000fee01000 (reserved)
 BIOS-e820: 00000000fffe0000 - 0000000100000000 (reserved)
2176MB HIGHMEM available.
896MB LOWMEM available.
found SMP MP-table at 000f6bf0
Using x86 segment limits to approximate NX protection
(以下略)


この実行例では、カーネル起動後、BIOSから物理メモリ領域に関する情報を取得し、その後NX(No eXecute)保護の仕組みを有効にしていることが分かります。省略していますが、その後各種ハードウェアの初期化などが行われている様子が確認できるでしょう。

dmesgで参照している領域は、リングバッファと呼ばれる構造を持っています。通常のログファイルなどと異なり、指定された量を超えると先頭に戻って情報を上書きするようになっています。通常の利用ではバッファが溢れて先頭に戻ることはほとんどありませんが、独自のカーネルを使用している場合などには注意が必要かもしれません。

*:本解答と解説は、CentOS 7を元に確認しております。CentOS 7では、/var/log/dmesgを参照することでdmesgコマンドの表示と同様のことが行えますが、ディストリビューションによっては、デフォルトで/var/log/dmesgに出力されない場合もあるようです。

  • 今回の解説について、理解できないポイントがあればどんどん質問を。
  • 採用になった方にはLPI-Japanオリジナルの記念品を贈呈します。
  • ご質問・ご意見はこちら
  • ※上記の解説とその内容については、例題作成者の監修です。
    内容や試験問題に関わるお問い合わせにつきましては、LPI-Japan事務局ではお応えできませんのでご了解ください。

このページのトップへ