HOMEサンプル問題・例題解説101試験の例題と解説104.7 システムファイルを見つける、適切な位置にファイルを配置する

101試験の例題と解説

104.7 システムファイルを見つける、適切な位置にファイルを配置する

今回は101試験の試験範囲から「104.7 システムファイルを見つける、適切な位置にファイルを配置する」についての例題を解いてみます。

■例題
管理者が追加でインストールしたソフトウェアのバイナリが格納されるディレクトリを選びなさい。

1. /bin
2. /sbin
3. /etc
4. /usr/bin

※この例題は実際のLinuC試験とは異なります。

解答と解説

答えは 4. /usr/bin です。

Linuxをシステムとして捉えたとき、最低限動作に必要となるディレクトリと、必要に応じて追加したディレクトリの2つに大きく分けられます。

/usr/binディレクトリには、そのシステムに追加でインストールしたソフトウェアのバイナリが格納されます。同様のディレクトリとして/usr/sbinディレクトリもあります。/binディレクトリや/sbinディレクトリと似ていますが、Linuxシステムの基本的なバイナリか、追加的なバイナリか。そして全ユーザー向けか、システム管理やバックグラウンドで動作するデーモンのようなバイナリなどかによって分類されています。

/etcディレクトリには、各種設定ファイルが入っている重要なディレクトリです。

それぞれのディレクトリの役割を把握することで、バックアップが必要かどうかなどが決まります。FHS(Filesystem Hierarchy Standard)のドキュメントには一通り目を通しておくと良いでしょう。

Filesystem Hierarchy Standard
http://www.pathname.com/fhs/

  • 今回の解説について、理解できないポイントがあればどんどん質問を。
  • 採用になった方にはLPI-Japanオリジナルの記念品を贈呈します。
  • ご質問・ご意見はこちら
  • ※上記の解説とその内容については、例題作成者の監修です。
    内容や試験問題に関わるお問い合わせにつきましては、LPI-Japan事務局ではお応えできませんのでご了解ください。

このページのトップへ