HOMEサンプル問題・例題解説101試験の例題と解説104.6 ハードリンクとシンボリックリンクを作成・変更する

101試験の例題と解説

104.6 ハードリンクとシンボリックリンクを作成・変更する

今回は101試験の試験範囲から「104.6 ハードリンクとシンボリックリンクを作成・変更する」についての例題を解いてみます。

■例題
リンクの説明として間違えているものを選びなさい。

1. ハードリンクはiノードの仕組みを利用している
2. シンボリックリンクは異なるパーティションのファイルに対しても作成できる
3. リンクを使用することでファイルの使用容量が節約できる
4. リンクを使用することでファイルの数が少なくなる

※この例題は実際のLinuC試験とは異なります。

解答と解説

答えは 4. リンクを使用することでファイルの数が少なくなる です。

リンクには、ハードリンクとシンボリックリンクの2種類があります。ハードリンクは複数のファイルがあるように見えるが、実体は1つとする仕組みです。iノードの仕組みを利用し、複数のハードリンクで同じiノード番号、すなわち実体を共有します。iノード番号はパーティション毎にiノードテーブルが作られて管理されるので、異なるパーティションの間ではハードリンクは作成できません。もし、異なるパーティションの間でリンクを作りたい場合には、シンボリックリンクを使います。

シンボリックリンクは、ハードリンクと異なり、単なるファイルへの参照を保持しているだけです。そのため、たとえばマウントポイントが変更になるなどしてファイル参照のパスが変わってしまうと機能しなくなります。

ハードリンクもシンボリックリンクも、ファイルとしての実体が増えないので、ファイルの使用容量が少なくなり、ストレージを消費しなくなります。ただし、ファイルとして見える数は同じです。昨今のハードディスクは容量が多くなってきているので容量を喰わないというメリットは薄れてきていますが、あるディレクトリやファイルへのアクセスを容易にしたり、組み込みなどでストレージ容量が限られるような場合などにはリンクはまだまだ必要な仕組みでしょう。

  • 今回の解説について、理解できないポイントがあればどんどん質問を。
  • 採用になった方にはLPI-Japanオリジナルの記念品を贈呈します。
  • ご質問・ご意見はこちら
  • ※上記の解説とその内容については、例題作成者の監修です。
    内容や試験問題に関わるお問い合わせにつきましては、LPI-Japan事務局ではお応えできませんのでご了解ください。

このページのトップへ