HOMEサンプル問題・例題解説101試験の例題と解説104.5 ファイルのパーミッションと所有者を管理する

101試験の例題と解説

104.5 ファイルのパーミッションと所有者を管理する

今回は101試験の試験範囲から「104.5 ファイルのパーミッションと所有者を管理する」についての例題を解いてみます。

■例題
グループのパーミッションの説明として間違っているものを1つ選びなさい

1. ファイルを作成したユーザーの初期グループがグループ所有者に設定される
2. ファイルを作成すると自動的に同じ初期グループのユーザーに読み書きのパーミッションが与えられる
3. グループ所有権の確認は初期グループだけでなくサブグループでも行われる
4. ファイルの削除はファイルが格納されているディレクトリのパーミッションで制御される

※この例題は実際のLinuC試験とは異なります。

解答と解説

答えは 2. ファイルを作成すると自動的に同じ初期グループのユーザーに読み書きのパーミッションが与えられる です。

ファイルのグループ所有権は、ファイルを作成したユーザーの初期グループに設定されます。パーミッションはumaskの設定値に従いますが、通常は644に設定されるのでグループパーミッションに書き込みパーミッションは設定されません。

ファイルの削除は、そのファイルが格納されているディレクトリの書き込みパーミッションで制御されます。上位ディレクトリのグループパーミッションがrwxであれば、所有グループに所属しているユーザーならば他のユーザーおよびグループの所有するファイルでも削除できる。このため、ディレクトリのグループ所有権およびパーミッションは慎重に設定する必要がある。

  • 今回の解説について、理解できないポイントがあればどんどん質問を。
  • 採用になった方にはLPI-Japanオリジナルの記念品を贈呈します。
  • ご質問・ご意見はこちら
  • ※上記の解説とその内容については、例題作成者の監修です。
    内容や試験問題に関わるお問い合わせにつきましては、LPI-Japan事務局ではお応えできませんのでご了解ください。

このページのトップへ