HOMEサンプル問題・例題解説101試験の例題と解説104.3 ファイルシステムのマウントとアンマウントをコントロールする

101試験の例題と解説

104.3 ファイルシステムのマウントとアンマウントをコントロールする

今回は101試験の試験範囲から「104.3 ファイルシステムのマウントとアンマウントをコントロールする」についての例題を解いてみます。

■例題
/etc/fstabの説明として間違っているものを1つ選びなさい。

1. マウントポイントを記述する
2. マウントするデバイスを記述する
3. ファイルシステムの種類を記述する
4. tarコマンドによるバックアップの有無を記述する

※この例題は実際のLinuC試験とは異なります。

解答と解説

答えは 4. tarコマンドによるバックアップの有無を記述する です。

/etc/fstabは、mountコマンドが参照して各種デバイスをマウントポイントにマウントするための情報を記述しておくファイルです。頻繁にマウントする必要がある場合には、/etc/fstabを修正してマウント情報を記述しておく必要があります。

起動時などに自動的にマウントされるかどうかは、オプション指定でコントロールできます。オプションがdefaultsになっている場合、autoオプションを含むことになるので自動的にマウントされます。実際には、起動時にmount -aが実行されているので対象となります。自動マウントの対象にしない場合にはnoautoオプションの指定が必要です。

マウントするデバイスで、/dev/sda1などとデバイス名で記述する他、ext2/3などではラベル名で記述できます。他にもUUIDで記述するなど様々な方法があります。ディストリビューションによって異なりますが、ディストリビューションデフォルトの記述以外でも正しく動作するので、わかりにくい場合などは自分なりに書き換えてしまっても良いでしょう。

  • 今回の解説について、理解できないポイントがあればどんどん質問を。
  • 採用になった方にはLPI-Japanオリジナルの記念品を贈呈します。
  • ご質問・ご意見はこちら
  • ※上記の解説とその内容については、例題作成者の監修です。
    内容や試験問題に関わるお問い合わせにつきましては、LPI-Japan事務局ではお応えできませんのでご了解ください。

このページのトップへ