HOMEサンプル問題・例題解説101試験の例題と解説104.2 ファイルシステムの整合性を保持する

101試験の例題と解説

104.2 ファイルシステムの整合性を保持する

今回は101試験の試験範囲から「104.2 ファイルシステムの整合性を保持する」についての例題を解いてみます。

■例題

XFSファイルシステムの解説として間違っているものを選びなさい。

1. ジャーナリングをサポートしたファイルシステムである
2. 遅延アロケーションを行うことでできるだけ高速にアクセス可能にしている
3. スナップショットをサポートしている
4. 大容量のストレージや大きなファイルサイズをサポートしている

※この例題は実際のLinuC試験とは異なります。

解答と解説

答えは 3. スナップショットをサポートしている です。

XFSファイルシステムは、大容量ストレージや大きなファイルサイズをサポートしたファイルシステムとして、Linux標準のext2形式のファイルシステムと置き換え可能なファイルシステムとしてLinuxでサポートされるようになりました。ジャーナリング機能もサポートしており、システム障害発生時にも高速にリカバリー可能になっています。

Linuxの標準的なファイルシステムであったext2形式は、ジャーナリングをサポートしたext3形式へと移行していきましたが、XFSを標準でサポートしているディストリビューションもあります。

XFSの特徴の一つとして、遅延アロケーション動作により、すぐに削除される一時ファイルを極力ハードディスクなどに書き込まないようにしたり、できるだけ連続した領域に書き込むようにする方式を取っている点が挙げられます。ただし、ファイルがキャッシュバッファ上に置かれていることになるため、障害発生時にファイルが消失する可能性があります。どのファイルシステムでも同様ですが、電源の2重化など障害対策を行っておく必要があるでしょう。

XFS自体はスナップショットをサポートしていません。Linux環境ではLVMがスナップショットをサポートしており、XFSはLVMと連動して動作します。スナップショットを取るときには、xfs_freezeコマンドでXFSファイルシステムへの書き込みを一時停止し、LVMでスナップショットを取ります。

  • 今回の解説について、理解できないポイントがあればどんどん質問を。
  • 採用になった方にはLPI-Japanオリジナルの記念品を贈呈します。
  • ご質問・ご意見はこちら
  • ※上記の解説とその内容については、例題作成者の監修です。
    内容や試験問題に関わるお問い合わせにつきましては、LPI-Japan事務局ではお応えできませんのでご了解ください。

このページのトップへ