HOMEサンプル問題・例題解説101試験の例題と解説104.1 パーティションとファイルシステムの作成

101試験の例題と解説

104.1 パーティションとファイルシステムの作成

今回は101試験の試験範囲から「104.1 パーティションとファイルシステムの作成」についての例題を解いてみます。

■例題
スワップパーティションの作成手順として間違っている手順を選びなさい。

1. fdiskパーティションを作成する
2. fdiskコマンドでパーティションのIDを変更する
3. e2labelコマンドでラベルを付ける
4. mkswapコマンドを実行する

※この例題は実際のLinuC試験とは異なります。

解答と解説

答えは 3. e2labelコマンドでラベルを付ける です。

ラベルは、たとえば通常のパーティションであれば、e2labelコマンドを使ってext2/3ファイルシステムが作成されたパーティションに付けることができます。ラベルを使うと、/etc/fstabファイル内の設定で、デバイス名の代わりにラベルによるマウント指定が行えます。

スワップ領域にもラベルを付けることができますが、e2labelコマンドでは無くmkswapコマンドに-Lオプションを付けてスワップ領域を作成することでラベルを付けることができます。

○スワップ領域のラベル付け実行例
1. スワップ領域にラベル付け
# mkswap -L swap1 /dev/dm-1
mkswap: /dev/dm-1: warning: don't erase bootbits sectors
        on whole disk. Use -f to force.
スワップ空間バージョン1を設定します、サイズ = 2031612 KiB
LABEL=swap1, UUID=f13512ef-7051-4f4e-b4d6-3ea1e5896624

2. ラベル指定でスワップ領域を有効化
# swapon -L swap1
# swapon -s
Filename                Type        Size    Used    Priority
/dev/dm-1                               partition    2031612    0    -1


スワップ領域にもラベルを付けられること、是非覚えておいてくださいね。

  • 今回の解説について、理解できないポイントがあればどんどん質問を。
  • 採用になった方にはLPI-Japanオリジナルの記念品を贈呈します。
  • ご質問・ご意見はこちら
  • ※上記の解説とその内容については、例題作成者の監修です。
    内容や試験問題に関わるお問い合わせにつきましては、LPI-Japan事務局ではお応えできませんのでご了解ください。

このページのトップへ