HOMEサンプル問題・例題解説101試験の例題と解説103.8 viを使って基本的なファイル編集を行う

101試験の例題と解説

103.8 viを使って基本的なファイル編集を行う

今回は101試験の試験範囲から「103.8 viを使って基本的なファイル編集を行う」についての例題を解いてみます。

■例題
viの操作で行をコピーする操作として正しいものを選びなさい。

1. c
2. dd
3. yy
4. p

※この例題は実際のLinuC試験とは異なります。

解答と解説

答えは 3. yy です。

viは編集モードで様々な編集操作が行えますが、行のコピー&ペーストは設定ファイルなどを修正する際に、修正前の状態を残しておくことができるので、とてもよく使う操作です。

yyは「ヤンク」と呼ばれる動作で、カーソル行をバッファに読み込みます。
複数行を読み込むこともできます。たとえば3行なら「3yy」と入力することで、3行分一括してバッファに読み込みます。

バッファの内容は、pまたはPでペーストすることができます。pはカーソル行の下、Pはカーソル行の上にペーストします。通常の操作であれば、カーソル行の下でよいので「yyp」という操作で簡単に行のコピー&ペーストができます。

設定ファイルの修正は、必ず前の状態を残す履歴管理的なやり方が必要となりますので、行のコピ&ペーストをしてから編集をする習慣を身につけておきましょう。

  • 今回の解説について、理解できないポイントがあればどんどん質問を。
  • 採用になった方にはLPI-Japanオリジナルの記念品を贈呈します。
  • ご質問・ご意見はこちら
  • ※上記の解説とその内容については、例題作成者の監修です。
    内容や試験問題に関わるお問い合わせにつきましては、LPI-Japan事務局ではお応えできませんのでご了解ください。

このページのトップへ