HOMEサンプル問題・例題解説101試験の例題と解説103.5 プロセスを生成、監視、終了する

101試験の例題と解説

103.5プロセスを生成、監視、終了する

今回は、101試験の出題範囲から「103.5 プロセスを生成、監視、終了する」についての例題を解いてみます。

■例題
topコマンドの対話式コマンドo(小文字)の役割として正しいものを選びなさい。

1. 表示項目の表示順を変更する
2. 表示項目のソート順を変更する
3. プロセス権限がrootのプロセスのみ表示する
4. NICE値がマイナスのプロセスのみ表示する

※この例題は実際のLinuC試験とは異なります。

解答と解説

答えは 1. 表示項目の表示順を変更する です。

topコマンドはプロセスに関する様々な情報をリアルタイムに近い形で表示してくれますが、通常のコンソール画面ではすべての情報を表示しきれません。そこで対話式コマンドoを入力することで、様々な表示項目の表示順をカスタマイズすることができます。

○topコマンドの対話式コマンドoの実行例
Current Fields:  AEHIOQTWKNMbcdfgjplrsuvyzX12  for window 1:Def
Upper case letter moves field left, lower case right

* A: PID        = Process Id              u: nFLT       = Page Fault count
 0x00100000  PF_USEDFPU (thru 2.4)
* H: PR         = Priority                y: WCHAN      = Sleeping in Function
* I: NI         = Nice value              z: Flags      = Task Flags <sched.h>
* O: VIRT       = Virtual Image (kb)    * X: COMMAND    = Command name/line
* Q: RES        = Resident size (kb)      1: UTIME      = CPU User Time
* T: SHR        = Shared Mem size (kb)    2: STIME      = CPU System Time
* W: S          = Process Status
* K: %CPU       = CPU usage             Flags field:
* N: %MEM       = Memory usage (RES)      0x00000001  PF_ALIGNWARN
* M: TIME+      = CPU Time, hundredths    0x00000002  PF_STARTING
  b: PPID       = Parent Process Pid      0x00000004  PF_EXITING
  c: RUSER      = Real user name          0x00000040  PF_FORKNOEXEC
  d: UID        = User Id                 0x00000100  PF_SUPERPRIV
  f: GROUP      = Group Name              0x00000200  PF_DUMPCORE
  g: TTY        = Controlling Tty         0x00000400  PF_SIGNALED
  j: #C         = Last used cpu (SMP)     0x00000800  PF_MEMALLOC
  p: SWAP       = Swapped size (kb)       0x00002000  PF_FREE_PAGES (2.5)
  l: TIME       = CPU Time                0x00008000  debug flag (2.5)
  r: CODE       = Code size (kb)          0x00024000  special threads (2.5)
  s: DATA       = Data+Stack size (kb)    0x001D0000  special states (2.5)

大文字で*がついているものが表示している項目です。表示されない項目は小文字になっています。大文字になっている項目のアルファベットを、大文字としてキー入力すると上(表示としては左)に、小文字として入力すると下(表示としては右)に移動します。終了するにはEnterキーを入力します。

表示項目を変更したい場合には、対話式コマンドfを入力します。同じような表示になりますが、表示項目のアルファベットをキー入力することで、表示項目に入れたり外したりすることができます。

注)
topコマンドも新しくなっているようで、コマンドの互換性が無くなっているようです。

現在のtopコマンドの場合には、対話式コマンドfだけで表示項目のOn/Offや順番の入れ替えができるようになっているので、試してみてください。

  • 今回の解説について、理解できないポイントがあればどんどん質問を。
  • 採用になった方にはLPI-Japanオリジナルの記念品を贈呈します。
  • ご質問・ご意見はこちら
  • ※上記の解説とその内容については、例題作成者の監修です。
    内容や試験問題に関わるお問い合わせにつきましては、LPI-Japan事務局ではお応えできませんのでご了解ください。

このページのトップへ