HOMEサンプル問題・例題解説101試験の例題と解説103.4 ストリーム、パイプ、リダイレクトを使う

101試験の例題と解説

103.4ストリーム、パイプ、リダイレクトを使う

今回は101試験の試験範囲から「103.4 ストリーム、パイプ、リダイレクトを使う」についての例題を解いてみます。

■例題
teeコマンドの役割として正しいものを選びなさい。

1. 2つの標準入力を同時に入力として受け付ける
2. 標準出力をファイルと標準出力に出力する
3. 標準出力を2つのファイルに出力する
4. 標準出力を2つの標準出力として出力する

※この例題は実際のLinuC試験とは異なります。

解答と解説

答えは 2. 標準出力をファイルと標準出力に出力する です。

通常、標準出力は1つだけですので、パイプで別のコマンドの標準入力に流し込むか、リダイレクトでファイルに保存するかのいずれかしか行えません。もし、標準出力をコンソールに表示しつつ、ファイルにも保存しておきたいときにはteeコマンドを使用します。

teeコマンドの使い方は以下の通りです。以下の例では、makeの結果をコンソールに出力しつつ、make.logというファイルにも保管しておきます。

○teeコマンドの使用例 その2

$ make | tee make.log


ただし、この場合、標準エラー出力はteeコマンドにパイプで流し込まれていないので、makeが出力したエラーはファイルに保管されません。より完全に結果を保存しておきたい場合には、標準エラー出力を標準出力と一緒に出力するように指定します。

○teeコマンドの使用例 その2

$ make  2>&1 | tee make.log

  • 今回の解説について、理解できないポイントがあればどんどん質問を。
  • 採用になった方にはLPI-Japanオリジナルの記念品を贈呈します。
  • ご質問・ご意見はこちら
  • ※上記の解説とその内容については、例題作成者の監修です。
    内容や試験問題に関わるお問い合わせにつきましては、LPI-Japan事務局ではお応えできませんのでご了解ください。

このページのトップへ