HOMEサンプル問題・例題解説101試験の例題と解説103.8 viを使って基本的なファイル編集を行う

101試験の例題と解説

103.8viを使って基本的なファイル編集を行う

今回は101試験の試験範囲から、「103.8 viを使って基本的なファイル編集を行う」についての例題を解いてみます。

■例題
viで検索する際に使用するコマンドを選びなさい。

  1. i
  2. dd
  3. /
  4. yy
  5. :wq

※この例題は実際のLinuC試験とは異なります。

解答と解説

答えは 3. / です。

viには編集モードと文字入力モードの2つがありますが、編集モードでは様々なコマンドが利用できます。

文字列の検索を行うには、編集モードで / を入力します。後に検索したい文字列を入力してエンターキーを押すと、検索が実行され、最初に見つかった文字列の位置にカーソルが移動します。次の候補を検索したい時は、nキーを入力します。

検索文字列には、正規表現を用いることも出来ます。

ちなみに、文字列の置き換えには「:s/検索文字列/置換文字列/」というような、sedなどで使用するのと同様の書式が利用できるので、覚えておくと便利でしょう。

ddは、カーソルのある行を削除します。削除された行のデータはバッファに格納されているので、pコマンドなどでペーストできます。

一方、yyは削除せずにバッファにコピーします。行の複製をする際にはこちらを使うとよいでしょう。これを「yank(ヤンク・ぐいっと引っ張るの意)」と呼びます。

viは、多くのLinux、UNIX環境で標準で利用できるエディタです。基本的な操作には不自由しないぐらいに習熟しておきたいものです。

  • 今回の解説について、理解できないポイントがあればどんどん質問を。
  • 採用になった方にはLPI-Japanオリジナルの記念品を贈呈します。
  • ご質問・ご意見はこちら
  • ※上記の解説とその内容については、例題作成者の監修です。
    内容や試験問題に関わるお問い合わせにつきましては、LPI-Japan事務局ではお応えできませんのでご了解ください。

このページのトップへ