HOMEサンプル問題・例題解説101試験の例題と解説103.2 フィルタを使ってテキストストリームを処理する

101試験の例題と解説

103.2フィルタを使ってテキストストリームを処理する

今回は101試験の試験範囲から「103.2 フィルタを使ってテキストストリームを処理する」についての例題を解いてみます。

■例題
タブをスペースに変換するコマンドとして正しいものを選びなさい。

1. expand
2. fmt
3. tr
4. unexpand

※この例題は実際のLinuC試験とは異なります。

解答と解説

答えは 1. expand です。

Linuxでは標準入力からテキストストリームを読み込み、各種処理を行った後に標準出力に再度テキストストリームを出力するような動作を行うコマンドを「フィルタ」と呼んでいます。

フィルタは、それぞれの機能は非常にシンプルにできており、組み合わせることで様々な処理が行えるようになっています。

タブをスペースに変換するフィルタとしてexpandコマンドがあります。1つのタブを8個の半角スペースに変えますが、-tオプションでタブの数を変更することもできます。

○expandコマンドの例
$ cat test
    test ←この行頭はタブが1個です。
$ expand test
        test ←この行頭は半角スペースが8個です。
$ expand -t 4 test
    test


タブは処理する環境によって表示などがずれる場合があるので、インデントなどを整頓したい場合にはexpandコマンドが有効です。

  • 今回の解説について、理解できないポイントがあればどんどん質問を。
  • 採用になった方にはLPI-Japanオリジナルの記念品を贈呈します。
  • ご質問・ご意見はこちら
  • ※上記の解説とその内容については、例題作成者の監修です。
    内容や試験問題に関わるお問い合わせにつきましては、LPI-Japan事務局ではお応えできませんのでご了解ください。

このページのトップへ