HOMEサンプル問題・例題解説101試験の例題と解説103.5 プロセスを生成、監視、終了する

101試験の例題と解説

103.5プロセスを生成、監視、終了する

今回は101試験の試験範囲から、「103.5 プロセスを生成、監視、終了する」についての例題を解いてみます。

■例題
ログアウト後もコマンドの実行を続けたい時に使用するコマンドとして適切なものを選びなさい。

  1. bg
  2. continue
  3. fg
  4. nohup
  5. uptime

※この例題は実際のLinuC試験とは異なります。

解答と解説

答えは 4. nohup です。

通常、コマンドラインからのコマンドの実行は、ログアウト時に終了します。
プロセスの終了はHUPシグナルを送ることで行っていますが、nohupコマンドを付けて実行されたコマンドは、このHUPシグナルによる終了の対象外となります。

nohupコマンドで実行するためには、出力をコンソールやターミナル以外に出力できなければなりません。そのため、リダイレクトを行う必要があります。明示的にリダイレクトが指定されなかった場合には、nohup.outファイルが作成されます。

たとえば、コンパイル作業など、実行に時間がかかる作業をリモート環境から行う場合、接続が切れることで中断してしまう可能性があります。このような作業は、最初からnohupコマンドでバックグラウンド実行を行うようにすると良いでしょう。

○例:makeを実行して、結果をmake.logに記録しておく
$ nohup make > make.log
  • 今回の解説について、理解できないポイントがあればどんどん質問を。
  • 採用になった方にはLPI-Japanオリジナルの記念品を贈呈します。
  • ご質問・ご意見はこちら
  • ※上記の解説とその内容については、例題作成者の監修です。
    内容や試験問題に関わるお問い合わせにつきましては、LPI-Japan事務局ではお応えできませんのでご了解ください。

このページのトップへ