HOMEサンプル問題・例題解説101試験の例題と解説102.5 RPMおよびYUMパッケージ管理を使用する

101試験の例題と解説

102.5RPMおよびYUMパッケージ管理を使用する

今回は101試験の試験範囲から「102.5 RPMおよびYUMパッケージ管理を使用する」についての例題を解いてみます。

■例題
/etc/yum.repos.d/ディレクトリの説明として正しいものを選びなさい。

1. yumコマンドの参照するリポジトリ設定を追加する
2. yumコマンドのデフォルト設定を行う
3. yumコマンドのドキュメントが格納されている
4. yumコマンドがダウンロードしたRPMパッケージが格納されている

※この例題は実際のLinuC試験とは異なります。

解答と解説

答えは 1. yumコマンドの参照するリポジトリ設定を追加する です。

yumコマンドの基本的な設定ファイルは/etc/yum.confですが、個別に参照したいリポジトリ(yumコマンドが利用するRPMパッケージの格納されている場所)の設定は、/etc/yum.repos.d/ディレクトリの中に個別設定ファイルを作成します。

たとえば、CentOSでは、以下のようなファイルが用意されており、DVDなどのメディアをyumコマンドのリポジトリとして参照出来るようになっています。

○個別のリポジトリ設定の例
# cat CentOS-Media.repo
# CentOS-Media.repo
#
# This repo is used to mount the default locations for a CDROM / DVD on
#  CentOS-5.  You can use this repo and yum to install items directly off the
#  DVD ISO that we release.
#
# To use this repo, put in your DVD and use it with the other repos too:
#  yum --enablerepo=c5-media [command]
#  
# or for ONLY the media repo, do this:
#
#  yum --disablerepo=?* --enablerepo=c5-media [command]
 
[c5-media]
name=CentOS-$releasever - Media
baseurl=file:///media/CentOS/
        file:///media/cdrom/
        file:///media/cdrecorder/
gpgcheck=1
enabled=0
gpgkey=file:///etc/pki/rpm-gpg/RPM-GPG-KEY-CentOS-5


この設定では、enabledの設定が0になっているため、デフォルトでは使用されませんが、コマンドラインで--enablerepoオプションを付けることで利用可能になります。参照先として設定されているbaseurlのいずれかのディレクトリをリポジトリとして参照しますから、インターネット上にあるリポジトリが参照できなくても、DVDメディアからのRPMパッケージのインストールをyumコマンドを使って行うことができます。

yumコマンドのメリットは、rpmコマンドと違って依存関係を自動的に解消してくれる点にあります。ただし、リポジトリが参照できなければyumコマンドを使ったパッケージのインストールができないので、覚えておいて欲しいテクニックです。

  • 今回の解説について、理解できないポイントがあればどんどん質問を。
  • 採用になった方にはLPI-Japanオリジナルの記念品を贈呈します。
  • ご質問・ご意見はこちら
  • ※上記の解説とその内容については、例題作成者の監修です。
    内容や試験問題に関わるお問い合わせにつきましては、LPI-Japan事務局ではお応えできませんのでご了解ください。

このページのトップへ