HOMEサンプル問題・例題解説101試験の例題と解説102.5 RPMおよびYUMパッケージ管理を使用する

101試験の例題と解説

102.5RPMおよびYUMパッケージ管理を使用する

今回は101試験の試験範囲から、「102.5 RPMおよびYUMパッケージ管理を使用する」についての例題を解いてみます。

■例題
yumコマンドについての説明として間違っているものを選びなさい。

  1. yumコマンドはパッケージのインストールなどを行うツールである
  2. yumコマンドはインターネット上からパッケージをダウンロードできる
  3. yumコマンドはリポジトリを参照してパッケージを管理する
  4. yumコマンドはCDやDVDなどに保存されているパッケージも参照できる
  5. yumコマンドはパッケージの依存関係を自動的に解消できないので、必要なパッケージをすべて指定する必要がある

※この例題は実際のLinuC試験とは異なります。

解答と解説

答えは 5. yumコマンドはパッケージの依存関係を自動的に解消できないので、必要なパッケージをすべて指定する必要がある です。

yumは「Yellow dog Updater, Modified」の頭文字を取ったコマンドです。
「Yellow Dog Linux」というPowerPCアーキテクチャ用のLinuxディストリビューションで開発されたRPMパッケージを管理するためのコマンドです。
通常のRPMコマンドと異なり、パッケージの依存関係を自動的に解消したり、リポジトリと呼ばれるパッケージを格納したサイトなどからパッケージをダウンロードしてインストール、アップデートを行えます。ちょうど、Debian GNU/Linuxなどで利用されているaptのシステムと同じようなことが行えるため、RPMパッケージを利用しているディストリビューションで採用されるケースが増えています。

yumコマンドの利用は比較的簡単ですが、ポイントとなるのは参照するリポジトリの設定です。設定は/etc/yum.repos.dディレクトリに格納されている設定ファイルで行っています。yumでは、ディストリビューションに含まれないRPMパッケージを提供しているリポジトリを追加で利用することもできます。たとえば「RPMforge」などがあります。

○RPMforgeのWebサイト

https://rpmrepo.org/RPMforge

  • 今回の解説について、理解できないポイントがあればどんどん質問を。
  • 採用になった方にはLPI-Japanオリジナルの記念品を贈呈します。
  • ご質問・ご意見はこちら
  • ※上記の解説とその内容については、例題作成者の監修です。
    内容や試験問題に関わるお問い合わせにつきましては、LPI-Japan事務局ではお応えできませんのでご了解ください。

このページのトップへ