HOMEサンプル問題・例題解説101試験の例題と解説104.7 システムファイルを見つける、適切な位置にファイルを配置する

101試験の例題と解説

104.7システムファイルを見つける、適切な位置にファイルを配置する

今回は、101試験の出題範囲から「104.7 システムファイルを見つける、適切な位置にファイルを配置する」についての例題を解いてみます。

■例題
特定のディレクトリをupdatedbの情報更新対象外に設定したい。設定を記述するファイルとして正しいものを選びなさい。

  1. locate.conf
  2. slocate.conf
  3. update.conf
  4. updatedb.conf
  5. whereis.conf

※この例題は実際のLinuC試験とは異なります。

解答と解説

答えは 4. updatedb.conf です。

updatedbコマンドは、locateコマンドやslocateコマンドを使ってファイルの検索をするための情報データベースを最新の状態に保つためのコマンドです。

locateコマンド実行時にすべてのパスを検索していては時間を食ってしまうので、通常、cronを使って、深夜などに検索用のデータベースを作成し、locateコマンド実行時にはこのデータベースだけを検索する仕組みを取っています。

updatedbコマンドを実行時に、余計なパスを検索対象にしないようにするには、/etc/updatedb.confファイルに検索から外すパスを記述しておきます。

○/etc/updatedb.confの内容例
$ cat /etc/updatedb.conf
# To enable the updatedb in cron, set DAILY_UPDATE to yes
DAILY_UPDATE=no
PRUNEFS="sysfs selinuxfs usbdevfs devpts NFS nfs nfs4 afs sfs proc smbfs cifs autofs auto iso9660 udf"
PRUNEPATHS="/tmp /usr/tmp /var/tmp /afs /net /sfs /selinux /udev /mnt/floppy /media"
export PRUNEFS
export PRUNEPATHS

まず、PRUNEFSの記述は、mountコマンドでマウントする際に指定するファイルシステムの種類だと考えればいいでしょう。ここで指定された種類のファイルシステムには、updatedbコマンドの検索は及びません。

また、具体的にパスを記述するには、PRUNEPATHSに記述しておきます。

ちなみに、pruneには、果物のプルーンの他、余分なものを取り除く、という意味があります。

  • 今回の解説について、理解できないポイントがあればどんどん質問を。
  • 採用になった方にはLPI-Japanオリジナルの記念品を贈呈します。
  • ご質問・ご意見はこちら
  • ※上記の解説とその内容については、例題作成者の監修です。
    内容や試験問題に関わるお問い合わせにつきましては、LPI-Japan事務局ではお応えできませんのでご了解ください。

このページのトップへ