HOMEサンプル問題・例題解説101試験の例題と解説102.1 ハードディスクのレイアウト設計

101試験の例題と解説

102.1ハードディスクのレイアウト設計

今回は101試験の試験範囲から「102.1 ハードディスクのレイアウト設計」についての例題を解いてみます。

■例題
以下のディレクトリのうち、パーティションを分割しなくてもよいと考えられるディレクトリを1つ選びなさい。

1. /dev
2. /home
3. /var
4. /boot

※この例題は実際のLinuC試験とは異なります。

解答と解説

答えは 1. /dev です。

/devディレクトリは様々なデバイスファイルが格納されるディレクトリですが、個別に何か特別な性能や保護が必要となるわけではないので、/パーティションと同一のパーティションに格納されていても大丈夫と考えられます。

/homeディレクトリはユーザー個別のファイルが保存されますので、カーネルや各種バイナリと分けて格納しておいてもよいでしょう。できれば、データ保護の為にRAID 1(ミラーリング)などの保護を行った方がいいでしょう。

/varディレクトリはシステム動作時に様々なファイルが作成されます。高速な処理を行うには、大量のファイル書き込みが行えないといけないので、RAID 0(ストライピング)などの高速処理対応が必要な場合もあります。

/bootディレクトリは新しいハードウェアでは容量制限などに当たる可能性は無くなりましたが、ファイルシステムの論理的な破壊、他のパーティションをext2やext3以外のファイルシステムにする場合にシステム起動時の問題点切り分けを容易にするなどの観点から、パーティションを分割することが習慣となっています。

  • 今回の解説について、理解できないポイントがあればどんどん質問を。
  • 採用になった方にはLPI-Japanオリジナルの記念品を贈呈します。
  • ご質問・ご意見はこちら
  • ※上記の解説とその内容については、例題作成者の監修です。
    内容や試験問題に関わるお問い合わせにつきましては、LPI-Japan事務局ではお応えできませんのでご了解ください。

このページのトップへ