HOMEサンプル問題・例題解説101試験の例題と解説104.5 ファイルのパーミッションと所有者を管理する

101試験の例題と解説

104.5ファイルのパーミッションと所有者を管理する

今回は、101試験の出題範囲から「104.5 ファイルのパーミッションと所有者を管理する」についての例題を解いてみます。

■例題
新規に作成されたファイルの所有者の説明として、正しいものをすべて選びなさい。

  1. ファイルの所有ユーザーは作成したユーザーになる
  2. ファイルの所有ユーザーは、上位ディレクトリの所有ユーザーを継承する
  3. ファイルの所有グループはwheelになる
  4. ファイルの所有グループは作成したユーザーのプライマリグループとなる
  5. 作成直後のファイルの所有グループはrootのみ変更できる

※この例題は実際のLinuC試験とは異なります。

解答と解説

答えは 1. と 4. です。

新たに作成されたファイルやディレクトリの所有ユーザーは、作成したユーザーと、そのユーザーのプライマリグループに設定されます。

ディレクトリの所有者が関係するのは、パーミッションと合わせて書き込み可能かどうかについてのみ影響します。上位ディレクトリの所有者情報を継承することはありません。

ファイルの所有ユーザーを変更できるのは、rootユーザーのみです。
もし、その他のユーザーが所有ユーザーを変更できると、変更後にそのユーザーがファイルにアクセスできなくなってしまうからです。

一方、ファイルの所有グループを変更できるのは、rootユーザー、またはそのファイルを所有しているユーザーになります。
もし、作成したファイルを他のユーザーにもアクセスさせたいのであれば、所有ユーザーではなく所有グループを変更し、適切なパーミッションを与えることで実現できます。

○例:fileファイルをotherグループに対して読み書き可能にする

$ touch file          fileファイルを作成
$ chgrp other file    fileの所有グループをotherに設定
$ chmod g+rw file     fileのグループパーミッションをrwに設定

所有者の考え方は、パーミッションと絡めてきちんとルールを覚えておきましょう。

  • 今回の解説について、理解できないポイントがあればどんどん質問を。
  • 採用になった方にはLPI-Japanオリジナルの記念品を贈呈します。
  • ご質問・ご意見はこちら
  • ※上記の解説とその内容については、例題作成者の監修です。
    内容や試験問題に関わるお問い合わせにつきましては、LPI-Japan事務局ではお応えできませんのでご了解ください。

このページのトップへ