HOMEサンプル問題・例題解説101試験の例題と解説101.1 ハードウェア設定の決定と構成

101試験の例題と解説

101.1ハードウェア設定の決定と構成

今回は101試験の試験範囲から「101.1 ハードウェア設定の決定と構成」についての例題を解いてみます。

■例題
接続されているハードディスクのパーティション情報を取得するために利用できる/procディレクトリのファイルを選びなさい。

1. /proc/cpuinfoca
2. /proc/modules
3. /proc/partitions
4. /proc/swaps

※この例題は実際のLinuC試験とは異なります。

解答と解説

答えは 3. /proc/partitions です。

ハードディスクは複数の領域(パーティション)に分割して利用できますが、このパーティション情報はハードディスクのパーティションテーブルに書き込まれています。この情報を参照して、どのようなパーティションが存在するか確認できるのが/proc/partitionsファイルです。


○/proc/partitionsの参照例
$ cat /proc/partitions
major minor  #blocks  name

   8     0   31457280 sda
   8     1   31455269 sda1
   8    16  104857600 sdb
   8    17  104856223 sdb1


この例では、/dev/sda、/dev/sdbの2つのハードディスクが接続されており、それぞれおよそ30GB、100GBの容量となっています。それぞれ1つけパーティションが作成されています。

新品のハードディスクを接続した直後など、簡単にデバイス名を知る方法として覚えておくと便利でしょう。

  • 今回の解説について、理解できないポイントがあればどんどん質問を。
  • 採用になった方にはLPI-Japanオリジナルの記念品を贈呈します。
  • ご質問・ご意見はこちら
  • ※上記の解説とその内容については、例題作成者の監修です。
    内容や試験問題に関わるお問い合わせにつきましては、LPI-Japan事務局ではお応えできませんのでご了解ください。

このページのトップへ