HOMEサンプル問題・例題解説101試験の例題と解説104.5 ファイルのパーミッションと所有者を管理する

101試験の例題と解説

104.5ファイルのパーミッションと所有者を管理する

今回は、101試験の出題範囲から「104.5 ファイルのパーミッションと所有者を管理する」についての例題を解いてみます。

■例題
新規に作成したファイルのパーミッションを、所有ユーザーだけでなくグループにも読み書きの権限を与えるように設定したい。設定するumask値として正しいものを選びなさい。

  1. 644
  2. 664
  3. 022
  4. 002
  5. 000

※この例題は実際のLinuC試験とは異なります。

解答と解説

答えは 4. 002 です。

umaskは、ファイルやディレクトリが新規に作成される際にデフォルトで設定するパーミッションがどのようになるかを指定しています。

umaskの考え方は、すべてのパーミッションが読み書き可能な状態から、umaskの値を引いた値が設定されるパーミッションとなります

○ファイルの場合

 666 (rw-rw-rw-)
-002 (-------w-)
-----------------
 664 (rw-rw-r--)

このように、umask自体もパーミッションとして捉えると分かりやすいでしょう。

つまり、すべてのパーミッションが設定されている状態から、umaskで設定されたパーミッションだけを取り去る、と考えればよいわけです。

○ディレクトリの場合

 777 (rwxrwxrwx)
-002 (-------w-)
-----------------
 775 (rwxrwxr-x)

ディレクトリの場合でも考え方は変わりませんが、元となるパーミッションが777である点が異なります。ディレクトリには、必ず実行権限のパーミッションが必要だからです。

もし実行権限が無いと、そのディレクトリをカレントディレクトリにすることができなくなってしまいます。ディレクトリには必ず実行権限が付くことを覚えておきましょう。逆に、ファイルに実行権限がついてしまうとなんでもプログラムやスクリプトとして扱われてしまいますし、セキュリティの観点からも良くありません。そのため、ファイルには実行権限がつかないという風に覚えておきましょう。

ファイル:666がデフォルト
ディレクトリ:777がデフォルト

  • 今回の解説について、理解できないポイントがあればどんどん質問を。
  • 採用になった方にはLPI-Japanオリジナルの記念品を贈呈します。
  • ご質問・ご意見はこちら
  • ※上記の解説とその内容については、例題作成者の監修です。
    内容や試験問題に関わるお問い合わせにつきましては、LPI-Japan事務局ではお応えできませんのでご了解ください。

このページのトップへ