HOMEサンプル問題・例題解説101試験の例題と解説104.2 ファイルシステムの整合性を保持する

101試験の例題と解説

104.2ファイルシステムの整合性を保持する

今回は、101試験の出題範囲から「104.2 ファイルシステムの整合性を保持する」についての例題を解いてみます。

■例題
iノードの使用状況を調べるために使用するコマンドを選びなさい。

  1. df
  2. du
  3. tune2fs
  4. fsck
  5. dumpe2fs

※この例題は実際のLinuC試験とは異なります。

解答と解説

答えは 1. df です。

Linuxで標準的に使用されているファイルシステム ext2/ext3 は、ファイルの管理にiノードを使用しています。iノードの仕組みは、実際にファイルのデータを保管しているデータ領域とは別に、iノード情報を保管するiノード領域が確保されています。

我々がext2/ext3ファイルシステムを作成するときには、どの程度iノード領域を確保するかはあまり意識しませんが、細かいファイルが沢山作成されるような用途の場合には、データ領域は空いているにも関わらず、iノード領域が足りなくなったためにファイルが作成できなくなる場合があります。iノード領域は後から付け足すことが基本的にできないので、ファイルシステムの再作成ということになってしまいます。

iノード領域の使用状況は、dfコマンドに-iオプションをつけることで確認できます。

例)データ領域の使用状況
$ df
Filesystem           1K-ブロック    使用   使用可 使用% マウント位置
/dev/hda2             19656572  14523320   4134752  78% /
none                    262240         0    262240   0% /dev/shm
例)iノード領域の使用状況
$ df -i
Filesystem            Iノード  I使用   I残り I使用% マウント位置
/dev/hda2            2496960  333530 2163430   14% /
none                   65560       1   65559    1% /dev/shm

この例では、データ領域は78%使用、iノード領域は14%使用ということで、iノード領域は十分空いていることが分かります。

ファイルシステム作成時のiノード領域の分量指定はmke2fsコマンドに-iオプションで指定します。

例)2KB毎にiノードを割り当てる
mke2fs -i 2048 /dev/hda2

基本的に、割り当てられるブロックサイズよりも小さいファイルが大量に作成されるような場合には、iノード割当量を変更すべきでしょう。

  • 今回の解説について、理解できないポイントがあればどんどん質問を。
  • 採用になった方にはLPI-Japanオリジナルの記念品を贈呈します。
  • ご質問・ご意見はこちら
  • ※上記の解説とその内容については、例題作成者の監修です。
    内容や試験問題に関わるお問い合わせにつきましては、LPI-Japan事務局ではお応えできませんのでご了解ください。

このページのトップへ