HOMEサンプル問題・例題解説101試験の例題と解説103.5 プロセスを生成、監視、終了する

101試験の例題と解説

103.5プロセスを生成、監視、終了する

今回は、101試験の出題範囲から「103.5 プロセスを生成、監視、終了する」についての例題を解いてみます。

■例題
ユーザーがバックグラウンドで実行しているプロセスの一覧を表示するのに使用するコマンドを選びなさい。

1. fg
2. bg
3. jobs
4. lsps
5. killall

※この例題は実際のLinuC試験とは異なります。

解答と解説

答えは 3. jobs です。

Linuxは、プロセスを実行することで様々な処理を行っています。プロセスには、システム起動時に実行されたり、システム管理者が起動したプロセスと、システムを利用しているユーザーが実行しているプロセスの2種類に大きく分けられます。

ユーザーはコマンドを実行することで、自分が必要な処理を行うプロセスを起動します。コマンドプロセスは、必要な処理を行っている間は起動し続け、処理が終了するとプロセスは消失します。

通常、シェルからコマンドを起動すると、コマンドプロセスの処理が終わるまでシェルに制御が戻りません。これは実行中のプロセスがフォアグラウンドになっているためです。
プロセスをバックグランドで実行することで、処理がすぐにシェルに戻ってきます。コマンドプロセスを起動時にバックグラウンド実行にするには、コマンドの後ろに&をつけて実行します。

例)make処理をバックグラウンドで実行
$ make &

また、フォアグラウンドで実行中のプロセスも、バックグラウンド実行にすることができます。まずキー操作でCtrl+Zとしてフォアグラウンドのプロセスを中断(Suspend)します。そしてbgコマンドを実行して、中断中のプロセスをバックグラウンド実行します。

このように、中断されているプロセスや、バックグラウンドで実行されているプロセスのことをジョブと呼び、jobsコマンドを実行することでどのようなジョブが実行されているかを確認することができます。

例)複数のジョブをコントロールする
$ less /etc/services #1つ目のlessコマンドを実行
#lessコマンドをCtrl+Zで中断
[1]+ Stopped                 less /etc/services

$ less /etc/hosts #2つ目のlessコマンドを実行
#lessコマンドをCtrl+Zで中断
[2]+ Stopped                 less /etc/hosts

$ jobs #jobsコマンドでジョブを確認
[1]- Stopped                 less /etc/services
[2]+ Stopped                 less /etc/hosts

  • 今回の解説について、理解できないポイントがあればどんどん質問を。
  • 採用になった方にはLPI-Japanオリジナルの記念品を贈呈します。
  • ご質問・ご意見はこちら
  • ※上記の解説とその内容については、例題作成者の監修です。
    内容や試験問題に関わるお問い合わせにつきましては、LPI-Japan事務局ではお応えできませんのでご了解ください。

このページのトップへ