HOMEサンプル問題・例題解説101試験の例題と解説103.4 ストリーム、パイプ、リダイレクトを使う

101試験の例題と解説

103.4ストリーム、パイプ、リダイレクトを使う

今回は、101試験の出題範囲から「103.4 ストリーム、パイプ、リダイレクトを使う」についての例題を解いてみます。

■例題
commandの標準エラー出力を、標準出力と一緒にfile.txtにリダイレクトする書式として正しいものを選びなさい。

1. command 1&2> file.txt
2. command 2>&1 file.txt
3. command 2&>1 file.txt
4. command > file.txt 2>&1
5. command > file.txt 2&>1


※この例題は実際のLinuC試験とは異なります。

解答と解説

答えは 4. command > file.txt 2>&1 です。

標準入出力には番号がついており、番号指定でストリームを制御することができます。

0 標準入力
1 標準出力
2 標準エラー出力

通常のリダイレクトは暗黙で 1 標準出力 が指定されており、以下の指定は同じ意味を持ちます。

command > file.txt
command 1> file.txt

同様に、標準エラー出力をファイルに保存したい場合は、以下のように指定します。この場合、明示的に標準エラー出力であることを指定します。

command 2> error.txt

標準出力と標準エラー出力を、別々のファイルに出力するには、以下の指定を行います。

command > file.txt 2> error.txt

では、例題のように標準出力と標準エラー出力を同じファイルに出力するにはどうすればよいでしょう。まず標準出力をファイルにリダイレクトし、標準エラー出力を標準出力にリダイレクトする(イメージ的には混ぜる) ようにします。そのための指定が「&」というわけです。

1) 標準出力のリダイレクト
command 1> file.txt

2) 標準出力のリダイレクトに標準エラー出力を混ぜる
command 1> file.txt 2>&1

このように、きちんと順序立てて理解しておきましょう。

  • 今回の解説について、理解できないポイントがあればどんどん質問を。
  • 採用になった方にはLPI-Japanオリジナルの記念品を贈呈します。
  • ご質問・ご意見はこちら
  • ※上記の解説とその内容については、例題作成者の監修です。
    内容や試験問題に関わるお問い合わせにつきましては、LPI-Japan事務局ではお応えできませんのでご了解ください。

このページのトップへ